kurukuru89’s blog

主に原始キリスト教、哲学、心理、日本人について、気の赴くままに語ります。知識ではなく新しい視点、考え方を提供したいと思っています。内容は逆説的、独断的な、空想も交えた極論ですが、日本人覚醒への願いを込めたエールです。(ここで言う日本及び日本人とはあたかもそれらを代表するが如く装うが、理性が未発達な為、感情的に動き、浅薄な信条に左右され社会に仇なしてしまう集団や人々を主に指しています。これらを通して人間に共通する問題を探っていきます)

日本人は、その人の「行動」ではなく「属性」で判断する

当たり前ですが大成する人は、それなりの才能(gift)が備わっているものです。そもそも我々が産まれてから、その国の言葉を難なく喋れるようになるのも、頭の中にその原型がプリセットされているから可能なのです。

 

ところが多くの日本人は、自分の中にあるセンスや才能や良識を信じて頼ることができず、すべて他人から教わるものだと思っているのです。だから自分で新しいことを発見したり、独自のものを生み出すことが出来ずに、猿真似ばかりしています。

 

他人から学ぶものだと信じているから、ただの凡庸な人間を、「先生」や「師匠」と言ってあがめたりします。彼らの言うことを鵜呑みにして信じ込み、シゴキやイジメにも耐えているのです。メディアは、成功したアスリートなどに「努力をしたからここまで来れた」と言わせ、努力すれば夢は叶うものだという儚い幻想を庶民に与えています。

 

このような日本人は、才能ある人物を認めることができません。その代わりに、どこの学校を出たかとか、誰に師事したかということで評価するのです。

 

日本人は人を「行動」ではなく、その人の「属性」によって判断します。言い換えると、いま、その人が何の価値を生み出しているか、ではなく、どういう立場の存在であるかが重要だということです。価値を生み出している人間は、日本ではただの搾取される労働者であり、属性を備えた人間は偉そうな事を喋るだけで、あがめられる存在です。

 

日本で誰かを社会的に抹殺したいと思ったならば、問題となった「行動」を否定するだけでなく、メディアを使った徹底的な人格攻撃キャンペーンを繰り広げます。こうして、その人の「属性」を無価値にするのです。

 

こういった「属性」を身に着けそこなった人、失った人は、もはや日本では挽回のチャンスはなく、底辺を這い回る人生を送らないといけないのです。