kurukuru89’s blog

主に原始キリスト教、哲学、心理、日本人について、気の赴くままに語ります。知識ではなく新しい視点、考え方を提供したいと思っています。内容は逆説的、独断的な、投影や空想も交えた極論ですが、日本人覚醒への願いを込めたエールであり、日本の発展に寄与する事を目的とします。(ここで言う日本及び日本人とはあたかもそれらを代表するが如く装うが、理性が未発達な為、感情的に動き、浅薄な信条に左右され社会に仇なしてしまう集団や人々を主に指しています)これらを通して人間に共通する問題をも探り散文的に表現していきます。

「中抜き」を生み出した日本人の心理

なぜ日本では「中抜き」が多く見られるのでしょうか。中抜きは日本人の本性に根ざしたものであり、制度を変えても簡単には無くならないからです。

「中抜き」とは上から下への依存関係です。上の者が世話を求め、下の者がそれに応えるという関係から発生しているのです。

 

日本では上位の権威に無条件で従うことが、習わしになっています。主人に仕えたり、家族や仲間の便宜を図ったりするのは分かります。世界のどこでもそうです。ところが日本人は、どこの誰とも分からない人であっても、ひとたび権威ある人だと知らされると、何も考えずに従ってしまうのです。

水戸黄門」というテレビドラマがありました。それまで命を狙っていた悪代官だけでなく、親切にしてくれた庶民まで、印籠を見せられると一斉に土下座をするのです。日本人は、ことほどさように、権威に従ったり、権威により相手を屈服させるのが大好きなのです。

 

日本人は序列や権威を見分ける特別な嗅覚をもっています。それを直ぐに察知する人が偉いとされます。ネット上で「大企業なめんな」と息巻いている人々は、序列を知っているだけで、相手よりも上に立てると思っているのです。

 

日本人には丸投げ体質もあります。権威ある者が「後はよろしく」と言えば、下々の者が全てをやってくれます。忖度です。頼んだ方もよく分かっておらず、説明もありません。けれども頼まれた方は、細かい要望やクレームが出て来ても細やかに対応するのです。

このような仕組みが上手くいった時代もあったのです。巨大な系列から成る自動車産業では、仕様を擦り合わせて品質のよい製品を生み出すのに便利だったのです。しかし今は、仲間内での擦り合わせではなく、グローバルなコミュニケーション能力が必要な時代です。

 

責任ある仕事には「説明責任」がついて回ります。顧客やステークホルダーに対する説明です。ところが日本では、社内の上司に対する説明責任がもっとも重視されるのです。「お客さんが納得してくれるかどうか」というのはどうでも良いのです。上司や社内の関係者から、何を訊かれても、完璧に答えられるように準備をする事が大切です。ここに最大のエネルギーをかけるのです。膨大なコストもかかります。

こうすることによって最終的に、頂点に立つ者に対して「卒なく全てをこなしました」と恭しく報告することができるのです。

 

家畜化された動物は序列に敏感です。犬にしても、家の中で誰が一番えらい人間なのかを、驚くほど正確に嗅ぎつけます。日本人も同じです。家畜は屠殺される寸前まで主人に尽くします。日本人もまったく同じです。

人類の中で最も家畜化に成功したのが日本人というわけです。彼らは誰かに奉仕するために存在しています。中抜き屋のような寄生虫であっても無条件に従うのです。

 

一方で、下々の人間は、あらゆる権利を奪われ、嘲笑され、野垂れ死にするまで何の援助も得られません。

日本人は寄付をしないと言われます。社会の弱い立場の人達をみんなで助けようという考えが無いのです。日本人はチップをケチることで知られています。「給仕なんかにカネを払えるか」と思っているのです。恵まれない人々にカネを与えるのではなく、巨大な組織にお布施をするのが日本人です。

 

権威ある人々も、自分が強欲であるとは少しも考えていません。彼らは下の者に「甘え」ているのです。ホステスに乱暴する客も、暴力を振るっているという自覚はありません。幼い子どもが母親に接するように甘えているのです。周りが自発的に世話をしてくれたり、好き勝手なヤンチャを許してくれたりするという訳です。日本では親でさえも、いい歳の子供に甘えています。

 

多くの日本人も実は甘えたがっているのですが、叶いません。自己責任と言われる社会だからです。貧乏なほど、厳しくて冷たい社会と向き合わなければいけません。日本人は下の者には、驚くほど傍若無人であり冷酷無比です。これとは反対に、階層を上がれば上がるほど、ぬくぬくとした甘い世界で暮らしていけます。

普通の社会では、成功者であっても、失敗したり信用を失ったりしたら転落してしまいます。ところが日本では、一旦、その業界で地位を得てしまえば、いくら失敗を重ねようが、ウソをつき続けようが守られるのです。

 

一般の日本人は、「あまえ」が通じないとみると「そねむ」「ひがむ」という状態になります。「とりいる」「とりこむ」といった行為も失敗すると「うらむ」ようになるのです。どんな仕返しをしてくるかわかりません。

だから日本人は、甘えたくても、他人との無用な接触を嫌がります。「すみません」と言うのは、他人から親切にしてもらうと恩が発生し、それを重荷に感じるからです。文字通り、そのままでは「済まない」状態に自分が置かれてしまうのです。

 

このような人間関係も、相手が死ぬことによって終了します。日本人は死ぬことにより神格化されます。葬式はその人物を神へと昇格させる儀式です。もはや甘えられることも、恩を売られることも、便宜を図ってもらう事もありません。生きている人に対して何の影響も及ぼしません。ようやく、人々にとって安心できる存在となるのです。日本人にとっての神とは、無力な赤子と同じなのです。

 

日本では、放って置くと、このような甘えによる依存関係がシステム化してしまいます。もはや人と人との関係ではなくなり、組織が続く限り同じ状態が続くことになります。非効率な組織で結果も出せませんが、誰も責任をとりません。上は下に甘えているだけですし、下は勝手に忖度しているだけだからです。無責任社会です。

 

なぜ日本人は、このような幼稚で効率の悪い依存関係を好んでしまうのでしょうか。

そもそも人間は、ひとつの集団だけに属しているのではありません。企業の構成員であると同時に、家族の一員であり、コミュニティの構成員でもあります。日本人であると同時に、アジア人であり、世界市民です。その中でバランスをとり、一貫性や整合性を持った自分を保つ必要があります。これによって確固たる自我が生まれるのです。

ところが日本人は、帰属しているひとつの集団のことしか考えられないのです。だから時や場所に応じて、言っていることが矛盾します。日本人はその時々に応じて対象と同一化してしまうのです。周りが見えなくなり、客観的な視点も持てなくなります。

 

では、これからの日本人はどうすれば良いのでしょう。

外国のドラマや映画に現れる日本人は、スシ職人かヤクザです。この2つは奇しくも日本人の姿を象徴しています。頑固な職人と、たかり屋という訳です。「クール」に描かれていますが、この2つはだいぶ違います。

もしなるのだったら、職人の方が良いのではないでしょうか。例えば海外のスシ職人はかなりの高給取りです。失業の心配もありません。逮捕されたり口座を差し押さえられることも無いのです。

対して、たかり屋である中抜き業者はシロアリです。国の柱や土台を食いつぶし、ついには瓦解させてしまいます。しかも現場の担当者からすれば、中抜きなど面白くもなんともありません。仕事がラクなように見えますが、下手をすると全ての責任を負わされます。

 

そのうちに中抜き業者が一掃される日がやって来ます。日本の経済を回復させるにはそうするしか無いからです。そうであれば、今のうちから準備しておくに越したことはないでしょう。

SUSHIGIRL(字幕版)

イーストサイド・寿司

ジョン・ウィック:パラベラム(字幕版)

「甘え」の構造 [増補普及版]

超国家主義の論理と心理 他八篇 (岩波文庫)

シリコンバレー最重要思想家ナヴァル・ラヴィカント

資産形成に失敗し生活水準を下げるしかない日本人(−投資と投機−)

これからの日本人は、投資で生きていくのだとされています。彼らにはどのような結果が待ち受けているのでしょうか。

 

投資と投機】

投資は人の役に立ちながら自分も利益を得るものです。それに対して投機は、他人のカネを掠め取ることです。短期の売買を繰り返すのは投機です。投資にはある程度の時間が必要です。

投資は分散投資が基本です。市場全体の上下に連動して大きく動く銘柄と、それほど影響を受けないものがあります。機関投資家は大量の銘柄をひとまとめに売買することで、リスクを下げているのです。しかしながら営利企業である以上、短期の売買で利益を出さなければなりません。そこが投資とは違うところです。

 

【素人の投資】

素人が資産形成の手段として株を買うのなら、一定額の株を分散して買い続け、長期に渡って保有する方法しかありません。年利にすると4%〜6%、良くて8%といったところでしょう。

多くの日本人はこの時点で興味を失ってしまうのではないでしょうか。なにしろ短期間で資金を2倍、3倍にすることを夢見ているのです。銀行に預けて6%の利息を貰えるのなら、そのほうが良いに決まっています。

数回の売買だけだったら、大儲けするかもしれませんが、大損するかもしれません。一方で、投資回数が増えるに従い、利率は平均的なものに近づいていきます。その代わりにリスクも減るのです。

 

【投資の目安】

どのくらいの期間で投資した資金が倍になるのかが、ひとつの目安になります。単純に考えてみましょう。「72」という数字を年利で割ると、倍になるおおよその年数がわかります。例えば8%なら9年です。4%なら18年です。6%なら約12年といった具合です。

仮に給料の手取りが17万円だったとしましょう。生活保護が12万円くらいですから、最低限の生活をするためのコストとして12万円を差し引くと、残りは5万円になります。いざという時のキャッシュとして3万円は貯金するとします。そうなると株に投資できるのは2万円だけです。

もし6%で運用し続けることができれば、12年後に2万円は4万円となり、毎月2万円づつ利益を取り崩していく生活が送れることになります。

けれども、月に2万円で何ができるでしょうか。しかも、運用が失敗し全てを失うリスクも考えないといけないのです。取り崩さずにさらに12年待つと8万円になりますが、24年もかかります。

 

【リスクの分散】

であれば、月々2万円から始めるのではなく、最初にまとまった額を投資しようと考える人がいるかもしれません。例えばあちこちから工面して最初に50万円を投資するといった具合です。

しかしちょっと待ってください。毎月一定額を買うのはリスクを分散するためでした。最初の1年で上げ相場になればいいです。ですが、もし大暴落があったとしたら、その後に6%で運用ができたとしても、12年間のトータルではそれをはるかに下回る利率となってしまうのです。

 

【資産形成ができる条件】

結局は資産形成と言っても、それなりの元手があり、定期収入がある人でないと、見込みはないのです。さらに長期投資ですから、少なくとも10年は待つ必要があります。雇用が不安定だったり、定年退職が目の前に控えていたら成り立ちません。

退職金や貯金を取り崩しての投資というのは、十分な額がなければ賢明とは言えません。毎月の出費で資金は減る一方なのですから、投資額も減らさないといけないのです。

 

【投資と心理】

また人間の心理として、毎月一定額を投資するというのもなかなかに難しいのです。「上げ相場だ」と皆が騒いでいる時でも、決めた額しか買わない。反対に「大暴落だ」と周りが慌てている時でも、決めた額をきっちり買う。これが困難なのです。多くの人は逆のことをしてしまいます。信念と自律心が必要です。

 

相場で「当たった」「外れた」と騒ぐのはギャンブル的な面白さがあります。経営状況を判断して株を買うのも、いっぱしの投資家になったような気になって嬉しいものです。けれども長期投資においては、常に冷静である必要があります。むしろ興味が無いくらいがちょうど良いのです。

それなら投資信託がいいと考える人がいるかもしれません。しかし手数料が馬鹿にならないのです。年間手数料が2%だったとします。72を2で割ると36になります。トータルの運用成績が、儲けも損もない0%だったとしても、36年後には資金が半分になってしまうのです。

 

【投資と人生】

さらに、人生は何があるかわかりません。家族の事情や病気で、どうしても投資したカネを取り崩さないといけなくなるかもしれません。今、カネを使うことで得られるかもしれない幸せを、先延ばしにしているという事実も忘れてはいけません。投資は人生設計とも深く結びついています。

となれば、多くの人にとっては投機や投資ではなく、生活のコストを抑える方がマシだということになります。

クルマを持つのを諦めたり、飲み会や外食を控えたり、旅行を止めるといったことです。それで月々2万円を浮かしたほうが良いという事です。

 

【日本への投資】

とはいえ、国としては国民にどんどん消費をしてもらいたいし、投機にも精を出してもらう必要があります。確かに、多くの国民が一定額の株を買ってくれて、ずっと保有してくれれば、相場は右肩上がりに上がっていくはずです。

それを仕組み化したのが確定拠出年金です。強制的なものですが、ポートフォリオは自分で組むのですから、結果はすべて自己責任です。

 

【日本の起業家】

歴史を振り返ると、産業革命が起こって以来、世界経済は拡大し続けています。長期的に見れば右肩上がりです。ところが日本は衰退国家です。外国人投資家は、これからも日本に投資してくれるのでしょうか。

戦後生まれの大企業はソニーとホンダくらいしかありません。昭和一桁台までの人材が、日本における最後の起業家だったと言えるかもしれません。

アントレプレナーといっても、何も無いところから突然に生まれたりはしません。それなりの時代背景、教育が必要です。シリコンバレーに視察に行くことで即席栽培できるようなものではありません。けれども、相変わらずそんな泥縄方式を試みているのが日本なのです。

 

みんなが生活を切り詰めなければならない時代に現れる起業家とはどんなものでしょうか。詐欺師と紙一重です。成功すれば偉大な起業家、失敗すれば詐欺師と呼ばれます。しかも、失敗する確率のほうが遥かに多いのです。

それに加えて、日本には目利きがいません。モノやヒトの価値を正しく見定めることができないのです。だからまともな投資もできません。

 

投資呼びかけの真意】

それでも「投資をしてください」という国の呼びかけには、2つのメッセージが込められています。ひとつは、外国人投資家に向けて「カモが大勢いますので、奴らを利用して儲けてください」というメッセージです。

もうひとつは、「国が相場全体を下支えする時代は終わりました。これからは自己責任で投機を続けてください」という日本人に向けたメッセージです。

「持っている人はさらに与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものさえも奪われる」という社会です。

 

【これからの日本】

とはいうものの、欲や嫉みは他人と自分を比較することで生まれてきます。日本人全員が平等に貧しくなってしまえば、煩悩から開放されるかもしれません。

多くの日本人は、「上の階級に這い上がる可能性はないが、下に転落するのは絶対に避けたい」と考えています。だから他人を叩き落としたくなります。本当は他人を助けることで皆が豊かになってきたのに、です。

日本人は羅針盤を持たずに生きています。ただ目先のものに囚われ、他人の目を気にしながら右往左往しているのです。方針が無いのでいつも判断が揺れ動いています。自分が何を欲しているのかさえ分からないのです。投資以前の問題です。

 

【おわりに】

結局のところ、日本は棄民国家に過ぎません。新しいものを生み出せず、ただ民をひたすら働かせカネを奪う。それだけの場所です。

しかし、こんな日本でも希望はあります。課題が分かれば、解決策も見いだせます。あとは行動するだけです。すでに行動を起こした勇気ある人々によって、日本も少しづつ変わって来ているのです。

金持ちのほうが損失に平然と耐えられるだろうと君が考えるのなら、それは間違いだ。体が大きかろうが小さかろうが、傷の痛みは同じなのだ

セネカ『人生の短さについて』

脱日本入門 (文春e-book)

敗者のゲーム[原著第8版] (日本経済新聞出版)

底辺への競争 格差放置社会ニッポンの末路 (朝日新書)

ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理

億万長者だけが知っている教養としての数学世界一役に立つ数学的思考力の磨き方

Am I The Same Girl ?

スウィング・アウト・シスターによる、バーバリ・アクリンの「Am I The Same Girl」(1968年)のカバーです。スウィング・アウト・シスターと日本との関わりは深く、テレビドラマのための主題歌「あなたにいてほしい」が日本でヒットしています。


www.youtube.com

Am I The Same Girl?

あなたにいてほしい

Am I The Same Girl?

略奪と搾取が行き詰まった日本

日本は略奪で成り立っている国です。一時的に栄えた歴史上の国々は、2つのタイプに分かれます。真っ当な経済によって栄えた国。そして略奪によって栄えた国です。日本は後者です。

 

古代ローマ帝国は、形を変えながら千年近くも続きました。しかしローマ帝国には重大な欠陥があったのです。侵略を続けていくことで繁栄していく国だったのです。

帝国が衰退した理由は、ゲルマン人の侵入だけではありません。領土拡張が行き詰まったこと。カネが足りなくなったこと。インフレと増税によって民の力が失われたこと。不正や汚職が蔓延し為政者のレベルが著しく低下したこと。これらが原因だったのです。

 

新しい領土が手に入らなければ、国は増税によって市民からカネを収奪するしかありません。苦しくなった農民は逃亡していきます。もはや国民にとって害悪でしかない政府に対する興味を人々は失っていきました。

最終的にゲルマン人によって西ローマ帝国が滅亡した時には、もはや人々は「統治者が誰であろうと構わない」という状態だったのです。

 

日本は明治維新以降、教育やインフラ整備、近代的な行政システムを積極的に受け入れ経済を育てて行きました。ところが日清戦争日露戦争の勝利に味をしめ、侵略によって富を得る方向に、舵をきったのです。国家予算のほとんどを軍事費に注ぎ込み、まるで今の北朝鮮を思わせるような国でした。

 

軍事にカネを注ぎ込む国は、必ず衰退します。スペインも戦争と略奪に明け暮れた国でした。未開の地から金銀をせしめても、国の借金は減りませんでした。それどころか、国債を強制的に買わせたあげく、債務を踏み倒しました。売位売官もはびこり、人々はまともに働く気がなくなりました。こういったスペインの文化や考え方を継承したラテンアメリカ諸国は、未だに貧しいままです。

冷戦時代には、生産力で劣るソビエトが米国と軍事力を張り合おうとしましたが、破綻しました。米国は高い軍事力を保持していますが、GDPに対する軍事費の割合は意外と低いのです。

 

戦後の日本はどうでしょうか。国家総動員法にもとづいた、中央集権的な生産システムがそのまま残っていたため、軍需産業を、そのまま輸出産業へと転用できたのです。戦後に生まれた通商産業者は、軍需省が看板を付け替えただけの省でした。愚かな国民に「これをやれ」と号令をかければ、直ちに全員が同じことをします。「これを買え」と宣伝すれば一斉に同じものを買うのです。

 

その頃の日本には、安い賃金で雇える若者が大勢いました。子沢山が奨励され、田舎者が多くの子供を作っていたのです。国が定めた分野に多くの資金が流れこむ仕組みもありました。

さらに終戦後の日本人の心には「生き延びる為なら何をやっても許される」という考えがあったのです。15年戦争により多くの若者が徴兵されましたが、そこでは小作農出身の軍曹が、地主の息子や大卒の二等兵を好きなだけ殴ることができました。戦後の一時的な無秩序状態において「実力によって階級を這い上がれるかもしれない」という希望もあったのです。

 

日本は、安物を大量に生産して海外に売りさばきました。利潤よりも市場拡大を目的としていたのです。侵略と同じです。実際に海外の生産者から憎まれていました。利益をどこにも還元しないからです。Win-Winどころか、lose-loseです。

現代において、アップル、グーグルのせいで仕事が無くなったと怒る人はいません。彼らの製品を喜んで使い、それに乗っかる形で新しい仕事を得ているからです。

 

バブル崩壊後は、日本企業はコストを削ることで何とか利益を確保しようとしました。昔と同じような安い工業製品を売り捌くのではなく、付加価値の高いシステムを世の中に提供しなければならなかったのに、そうしませんでした。安物にこだわり、発展途上国であった東アジアの諸国と競争しようとしたのです。

彼らの望みどおり、非正規雇用労働者が増え、円安となったおかげで、日本はアジアの最貧国と成ったのです。どこよりも安い人件費だけが強みです。

 

とっくに消えているべき衰退産業が、ゾンビのように生き続けています。政府系金融機関により大量のカネが注ぎ込まれているのです。国の言いなりで動いている銀行です。

その代わりに国は、自国民を搾取し始めました。労働者の非正規雇用化、増税、高いインフラ利用料などによって、民をすりつぶしています。カネは貰えない。出費は増える。それなら生活レベルを切り下げるしかありません。そして最後は人生から逃亡するのです。

 

国民は「資産形成」と称する投機を奨励されています。カルト教団への献金のようなものです。特権階級にはもっと確実で美味しい投資話があります。日本の庶民は彼らの肥やしです。これからどんなに国が衰退しても、上層国民は豊かな暮らしを続けていくことができます。

現在の日本は形を変えた奴隷制度ともいえます。庶民は、他国の宗教法人に貢ぎ、金持ちや役人に貢いでいます。しかも自らそれを望んでいるのです。

 

日本は千年以上前から続く土着の文化に、近代文明の仕組みを無理矢理に接ぎ木したようないびつな国です。考え方が相容れないのであちこちで矛盾が発生しています。

さらに、先進国と呼ばれていたのに少子化が進み、もはや後戻りのできない衰退国家でもあります。その点では世界の先陣をきっています。

ですから、いつまでもアングロ・サクソンの後追いをしていてもしょうがありません。日本は、自分の状態を見極めて、それに合った方策を自分の頭で考える時に来ているのです。そうすれば自ずと解決策も見えてくるでしょう。他の誰でもない、当事者が、答えを出すべき問題なのです。

 

「豊かさ」の誕生(下) 成長と発展の文明史 「豊かさ」の誕生 成長と発展の文明史 (日本経済新聞出版)

シリコンバレー最重要思想家ナヴァル・ラヴィカント

図説 世界の歴史〈3〉古代ローマとキリスト教

令和4年度財政投融資計画要求の概要 : 財務省 

戦後日本経済史(新潮選書)

白昼の死角 (光文社文庫)

青の時代 (新潮文庫)