日本人は何故B級グルメを有難がるのか

日本人はやたらとB級グルメを有難がる傾向があります。TVでラーメンやご当地グルメを特集すれば一定の視聴率をかせげます。有名店には、わざわざ開店前から行列ができたりします。しかし所詮B級です。

 

これは食の貧しさを自覚しながらも、せめて身近な食事をあれこれ持ち上げて楽しもうという積極的な姿勢と捉えることができるかもしれません。しかしもっとも大きいのはTV等のメディアによる影響でしょう。メディアで変わった食品を紹介すると、それが駄菓子やカップ麺であっても、次の日には売り切れが続出してしまう程、日本人は洗脳に弱いからです。

 

もともとB級であったものが高級な和食に化けてしまったものがあります。例えば寿司です。鮨はもともと屋台で売られていた、庶民が手軽に食べられるファーストフードでした。蕎麦も昔は極貧の人間が食べるものでしたが、今ではそこそこの値段がするものになってしまいました。

 

もともとB級ではあっても、売れてくると調子に乗り、付加価値調をつけた上で値段をどんどん吊り上げていきます。日本人は文句を言うどころか、ますます有難がって食べに行くようになります。生魚のきれっぱしを飯の塊に乗っけただけの寿司職人や、茹でた麺をごった煮スープにぶっこんだだけのラーメン職人(?)が大威張りです。職人はTVで、どれだけの工夫と技が込められているかを得意げに語ります。

 

高級品ではありませんが、焼きそばは、縁日の屋台で売られる子供向けのおやつだったのが、今や立派に普通の食事の仲間入りをしています。もんじゃ焼きを数千円で提供している店があります。この調子だと、そのうちに、焼きそばやうどん、お好み焼きも、日本が世界に誇る高級和食文化になっているかもしれませんね(笑)

食事の貧しさを醤油や味噌で誤魔化してきた日本人

「白いご飯はおいしい」などと言いますが、白米はそれだけでは美味しいとはいえません。塩や副菜などによって、唾液の分泌を促す必要があり、それによって、ご飯のデンプンがブドウ糖に変わり、ここで初めて「美味しい」と感じるのです。

 

ご飯は言うまでもなく炭水化物であり、それだけでは体に良くありません。しかし日本は食事内容が貧しかったので、ご飯や麦飯を食べざるを得なかったのです。昔の農家は1回の食事でご飯ばかり5杯とか、信じられない量を食べていました。手に入る魚の量は十分ではなく、それしか食べるものが無かったからです。そして当然のことですが短命でした。

 

ご飯だけではうまくはないが、それをどうやって美味しくするか、その為に生まれたのが日本の醤油や味噌だったのです。人間の体は肉を欲しがるようにできています。熟成した肉の旨味というのはグルタミン酸から来ています。

 

日本人は肉や魚が十分に食べられないので、醤油や味噌を使って自分の味覚を誤魔化してきたのです。醤油や味噌、納豆は、発酵によってグルタミン酸が豊富にあり、本物の肉や魚を食べる代わりに、これで味付けをして貧しい食事に耐えていたのです。醤油は言わば日本人にとってのフレーバーと言えるのでしょう。

 

典型的な日本人は何にでも醤油をかけます。日本の空港に降り立つと醤油の匂いがすると言われるくらいです(笑) それぐらい普通の日本人が食べている本来の和食というのは貧相なものなのです。それを自覚せずに、「日本が世界に誇る和食文化!」などと言っているのは滑稽です。

稲作という重労働を強いられてきた日本人

「日本人には米があう」とか、「白いご飯はおしい」とかよく言われますが、日本人は本当にお米が好きだから、稲作を始めたのでしょうか。

 

稲作は小麦を育てるのと比べて、はるかに苦労を伴い手間のかかる仕事です。環境も泥水につかりながらの作業で劣悪です。なぜこんな作業をわざわざやっているのか。それには古来からの為政者の都合という理由があります。

 

小麦自体は作るのが簡単ですが、その後、製粉、ミキシング、成形、パンの焼き上げなどの手間がかかります。しかし、欧州では機械化が進み作業が分業されていた為、重労働ではありませんでした。さらにそれぞれが専門の職業となっているため様々な雇用を生み出します。対して稲作は調理は簡単ですが、農家にとっては厳しい労働となります。利潤もあまりあがりません。しかし米はそのままの状態で保存でき、煮るだけで食べられるという利点はあります。

 

日本は古来より、騎馬民族に支配された軍事独裁政権が続いており、国民は奴隷同然でした。軍人、兵隊の兵糧として、保存が簡単ですぐに調理できるコメは都合が良かったのです。また重労働の稲作により、国民どもを特定の土地に縛りつけておくことができました。これによって領民、領地の管理がたやすくなったのです。生産性が悪い為に小作人が豊かになることもありません。日本の支配の肝である「生かさず殺さず」という方針にも合っていました。

 

小麦によって作られたパンは、欧米では主食ですらありませんが、それでも日本より安価に育てることができ家畜の餌にすることができます。日本では牧畜が出来るような広くて穏やかな気候の土地はありません。天然資源は限られており、酷い気候のため穀物を育てるのも適しているとは言えません。それでも支配階級と大量の奴隷どもを養うのに、コメや麦に頼らざるを得なかったのです。コメが主体になったのは上に書いた通りです。日本人には小麦を製粉して、パンを焼くなどという余裕は無かったのです。

 

このように何十世紀にもわたって日本人は、コメが合っている、コメは美味しいなどと洗脳され続けてきたのです。

日本人は何故、ロリコンが多いのか

中学生、高校生のアイドルがずらりと並んだ番組に、タレントのジローラモ氏がゲスト出演した際、 司会者から「どの子がタイプですか?」と尋ねられたそうです。ジローラモ氏は驚いて、 「みんな子どもですよね?」と答えたそうです。

 

日本人のロリコン好き、幼女好きは世界的にも有名ですが、彼らは世界の他の人々も同じような嗜好を持っていると思っているようです。

 

日本では一部の性的倒錯者や、日陰者がこのような趣味を抱いているだけでなく、高級官僚や政治家、司法官、医者、弁護士といった連中にもこのような欲望を抱いている者は多いのです。赤坂の売春組織を巡っておきた殺人事件のニュースは、今でも記憶に残っていることでしょう。

 

日本人が何故このような欲望を抱くにいたったかはいくつか理由がありそうです。

(1)日本人の遺伝子が劣化しているために、本能的に若い女性を求めてしまう

(2)男性が未熟である為、成熟していない女性を求めてしまう

(3)日本人がネオテニーであるため、幼女を性的対象とすることに違和感を持たない

(4)かって衆道が盛んだったように、女性的特徴が無い少年や、未発達の女性を、性的対象とする傾向が日本人にある

(5)抵抗しない、できない少女を性的に虐げ支配することに満足感を得るサディスト的傾向が日本人に多い

(6)日本では子供の人権が確立されておらず、人身売買も盛んである為、こうした欲求を持つ者に対して十分な供給が可能なシステムが存在する。

 

未成年少女のいる合法的な売春組織がアイドルグループだなんて、なんて酷い国なんでしょうか(笑) そんなのが蔓延しているから、冒頭に紹介した司会者のように、下種な笑いを浮かべて、どの子がいいですか、なんて非常識なことを思わず口に出してしまうのです。オリンピックに向けて、取り締まりを厳しくするのはいいですが、まずは隗より始めなければいけませんね(笑)