kurukuru89’s blog

主に原始キリスト教、哲学、心理、日本人について、気の赴くままに語ります。知識ではなく新しい視点、考え方を提供したいと思っています。内容は逆説的、独断的な、空想も交えた極論ですが、日本人覚醒への願いを込めたエールです。

お上の御威光で威張り散らし現実を見ることができない日本人とならないために

日本人というのは正しく現実を直視できない人々です。例えばお上の御威光があるものには無条件でひれ伏すのですが、そうでなければヤクザであろうが、強い外国であろうが向こう見ずにも歯向かうような所があります。

 

危険な人、おかしな人には関わらないのが普通ですが、日本では信号を守らない、並び方を守らない等のくだらない事で厳しく赤の他人を叱責する人間がいます。「味方に正しき道理あり」であれば「敵は幾万ありとても」勝てる、それが正義だ、国や警察や先生がなんとかしてくれると思っているのです。正常性バイアスも異常に強く、危機的条件にあっても「たいしたことはない」と平静を装います。その愚鈍ぶりは驚くばかりです。

 

これは個々の日本人が現実を自分の目で正しく見て、適切な判断を下せないことから来ています。それも当前です。日本人は自分の判断を放棄するように小さい頃から訓練されているからです。御公儀御役目、お上御公認のものならば常に正しいが、そうでないものは悪であり、皆で攻撃してもよい、怖くはないと洗脳されているのです。

 

現実を正しく理解して適切な言葉で表現できない日本人は、あたりさわりの無い表現か、上におもねった表現、ひいては日本すごいという言い回しになってしまい勝ちです。報道においてもメダル3つ程度で「メダルラッシュ」とか、表現がことごとく不適切なのです。観測上のデータがあっても改ざんして「風評」にしてしまうとか、日本人は上から下まで現実認識をねじ曲げるのが大好きです。

 

翻訳も含めて日本で出版される小説には、内容は様々ですが「解説」が付いていたりします。他人に教えてもらわないと、曖昧な小説はどう判断して良いのか分からないのでしょうか。自分で理解し判断すべきところを、「教えて偉い人」とばかりに他人に頼っています。日本人は自分の意見を言えないだけでなく読解力も異様に低く、多くの人々は先生に教えてもらったとおりに国語の教科書の内容をひとつの解釈で決め付けてしまいます。国語で書かれた文章でさえこの有様ですから、情報的鎖国状態である日本における人々のメディアリテラシーは大変未熟で、彼らが世の中の状況を正しく捉えることは至難の業です。

 

世の中には多様な考えが存在するということも分からず、重箱の隅をつつくような議論で勝った、負けたなどと言っています。単純な善悪、正誤などの2元論で片がつくというのはまるで子供のような考えです。

 

実際日本人は上が教えてあげないと何一つ決められない子供であり、そのため報道もまるで日本人が子供をあやすかのような、現実とは異なる御伽噺のようになっています。役人や学者、企業幹部も「日本人は農耕民族だから協調性が大事」とか「日本の四季は美しい」、「日本人は謙虚で勤勉」、「日本人は手先が器用」、「日本人は繊細」、補助金目当てなのに「イルカは生活を脅かす」、「クジラは貴重なタンパク源」等と述べて教育ある海外の人に失笑されていました。

 

おかしな奇習を美談にしてしまうというのも日本ではよくあることです。地方の高校で職員室前の吹きさらしの寒い渡り廊下で勉強することが、夢を追う若い人達の美談として紹介されていました。しまいには白米と梅干という貧しい食事で頑張り、カミカゼ・アタックを繰り返すことが美談になってしまいます。

 

この国ではお上が認めていれば、水戸黄門の印籠を見たように庶民は平身低頭しますが、その一方で、御公認であれば、どんな悪辣で非道なことをしても開き直ることができ、実際に罪を逃れることができます。お上のお墨付きであればこの国の人間はどんなことだってやってのけます。自分たちは正しいのだという確信を持っているから非常にたちが悪いのです。日本人は傲慢で残虐非道という非難はまとを得ています。

 

教育を受けた者の理解不能な傲慢さ、異常な振る舞いも目立ちます。日本人がやってくる。黙って何も言わないから、この男は白痴なのかと皆が思い始めた頃、突然、早口でまくしたてる。何を言っているか分からないがところどころ学校の名前が出てきたり独断的な口調で周りを断罪するような言葉が含まれており、どうやら自分は優れた学校を出ており周りは適切な敬意を払って黙って言う事をきくべきであると言いたいらしいのです。

 

日本人は何を考えているか分からない上に傲慢で協調性がなく使えないのです。プライドをへし折り、お前は奴隷である、犬であるという扱いをすれば、尻尾を振って協力するようになりますが、それまでが大変なのです。戦後GHQがやってきてようやくこの野蛮な日本人を飼いならすことができました。しかし白人には負けたがアジアの盟主は日本であるという妄想を彼らはいまだに抱いています。日本人は自分達だけで己を改善し真の意味で成長することが非常に困難な人達なのです。

表面だけ理解して尊大な態度をとる日本人とならないために

日本人は表面だけを見て本質を理解できない人達です。海外の物、例えばiPhonやボブスレーを分解して「何だ、こんなものか。大したことはない(これなら俺でも真似できる)。」とうそぶくのです。

 

日本人は、製品のコンセプトや、それぞれの形状や技術が全体に寄与する意味、その製品が世にもたらすインパクトを理解し想像することができず、ただ表面だけ捉えて理解したつもりになっています。所詮人間が作ったものですから、他人も理解できるのは当たり前です。しかし日本人は自然の法則を解明して理論を打ち立て、そこから全く新しいものを創造するということは出来ないのです。

 

「日本人は木ではなく森全体を見て包括的思考をする」という考えもありますが、日本人は木も森も見えない、すなわち本質を分析することも出来なければ、俯瞰的に全体を見て創造をすることも得意ではない人々です。

 

高名な学者の論文もパクったものの切り貼りのような内容だったりします。プロパガンダを垂れ流す御用学者や、学者をたばねるボスザル、助成金ゴロや、何もしない人が大勢いる一方、その下で非正規のポスドクが大量にいるのです。

 

というのも能力のある人が社会で成功しても、その才能を使って、どれだけ楽をし安泰な生活を送るかということになってしまいがちだからです。日本人には天与の才能を他人のために活かそうという発想はあまりなく、頭が良かったり技に優れているのは努力した結果だからとか、自分が優秀だからと考え、全部自分の為に使うべきだと思っています。

 

そのためか日本人には謙虚さがなく傲慢です。世の中には他人が作ったものなどに興味の無い人が沢山おり、猿真似が得意だからといって、それを自慢するなど、傲慢であるだけでなく滑稽ですらあります。日本人が作るものの多くはコンセプトが平凡で、それにただ流行の技術を組み合わせてみましたというものでしかありません。

 

それなのに彼らは「日本人は手先が器用で頭がいいのだ」と言い続けています。知識と技術が世界に行きわたった現在、このままでは日本人の存在価値はありません。

日本人として歯車のひとつとならないためには?

言うまでもなく日本では個性を殺して集団の一員となることが常に求められます。それを拒むものはアウトサイダーであり、あらゆる道を断たれ、日蔭者として生きていかなければなりません。

 

150年前に官僚独裁国家として生まれた大日本帝国は、効率的なシステムとして国全体を動かすために、末端の人々に至るまで、生きた機械の部品として組み込む必要がありました。

 

そのために個性を殺し、国民を均質化する必要があり、当時近代国家でも珍しかった国民皆教育が始まりました。よく訓練された忠実な兵士や労働者を作り上げると同時に、均一化が進むことにより、コミュニケーションが効率的になり、また部品としていくらでも取り換え可能な存在となります。

 

人において自由な意志力と想像力は限りないものであり、人が成長するための重要な要素です。しかし組織においては邪魔なものです。意志の力と想像力を削ぐには、集団のなかで徹底的に抑圧することが効果的です。人間の精神力の可能性は、過酷な環境や命令でも果てしなく「耐え忍ぶ」という点においてだけ重要視されることになります。

 

こうして日本は世界強国に名を連ねたり、経済大国として名をはせるまでになりましたが、ほとんどの個人は顔の無い不気味な存在のままです。

日本でも中央集権の力が薄れた戦国時代においては様々な文化が花開き、経済が急速に発展しましたが、軍事独裁政権や官僚独裁のもとで日本人の創造性はすっかり萎えてしまったのです。

 

日本はこの150年間に世界に誇る近代文明を築き上げてきたようにも思えますが、それらは西洋から節操なく取り入れたものをベースに国家主導での急速な工業化や人員動員によって無理やり発展させたものに過ぎません。その裏には多くの無名の日本人の犠牲と労苦があります。

明治の元勲や大正時代の文化人が仮に現代の日本を見て「素晴らしい、やはり日本人は優れて創造的な民族だった」と思うでしょうか。

あるいは元勲は「我々の作った官僚機構は未だに機能している、素晴らしい」と思うかもしれません。日本の民衆は自主性と創造性を失いましたが、官僚による統治システムは大衆操作のノウハウを膨大に蓄えており、その牙城はゆるぎないのです。

排斥されずに、祭り上げられる日本人となるために

日本人というのは何処にいっても、日本人同士で足を引っ張り合うのが好きな人々です。

例えばある作品を投稿できる海外のサイトがあって、それに関する匿名掲示板もあるのですが、そこには海外の投稿者の話題はほとんどなく、あるのは「あの日本人がズルをして点数を稼いでいやがる」といった怨嗟ばかりだったりします。

 

日本人にとっては、海外で何かショボイ賞を貰ったり金で買ったキャリアで、華々しく凱旋帰国して日本で儲けるというのが最も一般的なサクセスストーリーです。

 

たった1回の優勝であっても、日本に帰れば「世界が認めた日本のサムライ」とか、「世界一のXXXX」とか、「世界最XのXXX」などと、広告代理店、マスコミが祭り上げてくれて国民からカネを巻き上げるメシのタネにしていきます。

 

しかし当の日本人が海外で本当に成功して海外での活動が多くなってしまうと、逆に日本では見向きもされなくなってしまうのです。批評家達によって悪口を書かれるのはまだ良いほうで黙殺されて無かったことにされてしまうこともあります。

 

結局、この国では広告宣伝塔になってくれるそこそこの人間であれば実力はどうでも良いのです。国やその道の権威、メディアのお墨付きがあれば、この閉じられた小さな世界において、皆が囃し立ててくれて成功への道を歩むことができます。

 

いったんヒエラルキーの頂点に達してしまえば、太鼓持ちや馴れ合いによってその分野における地位はくつがえることはなく死ぬまで安泰です。だから大抵の日本人は「夢は海外」と言っても常に日本を意識しており、そそくさと日本に戻ってくるのです。

小手先の対策で失敗する日本人とならない為に

日本人というのは根本的な対策をせずに小手先の策で済ませようとする傾向の強い人々です。個人としてもそうですが、組織となるとさらにこの傾向が強まります。

 

東京メトロの一部でクラシックなどの音楽を流す試みが始まったそうです。

確かに音楽療法というのもあり、リラクゼーションを目的とした環境では効果があります。しかしリラックスしようと意図して自分に合った音楽を自主的に聴くのと、ストレスフルな環境で強制的に音楽という新たな騒音を聞かされるのとは、まったく違います。

 

これを考えた担当者は想像力と思考力が足りなかった可能性もありますが、それ以上に世間にアピールできるコストの安い安直な対策を求められ仕方なく、このような馬鹿げた案を出し、それがそのまま通ってしまったのかもしれません。

 

通勤ラッシュ時のトラブルの増加やそれに関わる駅係員の負荷をどう解決するかは難しい問題ですが、都心への一極集中、時差通勤者や在宅勤務が少ない事、通勤者に見合う輸送量が足りていないという根本的な問題を抱えていながらも、それを解決しようと行動を起こす人はいません。

むしろそんな事をしたら国民の負荷は減っても経営者の利益が少なくなってしまいます。だから今日も利用者の利便性を考えているようなフリをしながらも、愚民どもからむしりとることに余念がありません。

 

(もし仮に石油タンカーから史上最大規模の原油が流れ出して日本の近海が汚染されるような事故が起きたとしても、お魚は洗剤で洗って加工したり焼き魚にして出せば分からねえだろって考えそうな人々ですね(笑)。)