kurukuru89’s blog

主に原始キリスト教、哲学、心理、日本人について、気の赴くままに語ります。知識ではなく新しい視点、考え方を提供したいと思っています。内容は逆説的、独断的な、空想も交えた極論ですが、日本人覚醒への願いを込めたエールです。

何も考えず、相変わらず「中抜き」で儲けようとする日本人

日本人は基本的に怠け者で楽して儲けることばかり考えています。上から下まで未だに中抜きを狙っています。つまり自分では何も新しいものを生み出さず、価値を付加することもせず、ただただ中間マージンだけを都合よく頂戴し、何もしなくても懐に金が入るようなことばかり考えているのです。

 

役人や経済新聞が語る事を鵜呑みにし、指示された方向へと一斉に向かい、上手い儲け話は転がってはいないかと彼らは一生懸命です。他人が作ったアイデアやモノを頂いた後、そこに利益を沢山乗せて、今度は如何に客を騙せるかというのが工夫の為所です。

 

彼らの作るビジネスモデルとやらを見てみると、流行言葉や、カタカナ用語が沢山並び、表面上は派手に出来ていてますが、中身は代わり映えのしないものです。

役人や御用学者の言葉だろうが、新聞、雑誌、TVや映画、漫画の中の情報であろうが、日本の場合、出所を辿れば一緒です。しかし経営者はそれらの情報の洪水から、ますます自分の経営方針に間違いはないと確信するのです。

日本人は表面的な新しい言葉を使えば、心機一転、何か新しいことをしている気になったり、新しい思考や流行を身に着けたつもりになってしまう浅はかな人達です。

 

企画は誰かに考えてもらった流行のもの、製品は誰かが作ったもの、売るのは下請け連中、それで利益だけちゃっかり頂こう、そんな事がこれからの日本でも通用するでしょうか。彼らはプロの経営者ではなく、何のアイデアも生み出せずヴィジョンも持たない、ただのサラリーマン経営者なのです。

 

さらにこの先、モノを作ってくれる人々が居なくなったらどうするのでしょうか。地方の田舎から運べる奴隷や消費者はもうおらず、搾取できる連中が居なくなります。外国人労働者に頼るのでしょうか? 彼らが日本の軍隊式教育で忠実な奴隷に育ってくれれば良いのですが…。一方、企業には使えない管理職で溢れています。コンサルタントは日本では一定額で長時間酷使できるただの奴隷で、新しいアイデアをもたらすことは希です。それどころか長時間の雑務で疲れきっており、若いうちにどんどん辞めていきます。

 

管理職は上から流れてくる企画をそのままに、コンサルタントや若手社員の作る資料でもっともらしい体裁を整えて、儀式のようなプレゼンや稟議、承認を行った後、下請けに発注して終わりです。あとは出来るだけ発注のコストを叩くのが彼らの腕の見せ所です。問題があれば、手際よく書類を準備しておき、全て下請けのせいにすることも忘れてはいけません。

 

このような無能な奴隷頭と、それにかしずく奴隷達で、日本の社会は成り立っています。表面上は如何に綺麗ごとを並べていても「奴隷どもは死ぬまで働け」「お前等のものは俺のもの」というのが本音です。しかしそんな彼らもお上に頼りきりで、いざとなると成す術も無く切られる運命です。蛸が足を食べてかろうじて生き延びているような日本で、最後まで生きられる頭の部分はごく僅かです。

 

この国の庶民は行政改革や革命まで、お上が頼りです。「君たちは優秀だ、Fラン卒に使われて悔しくないのか」としばしば日本人は言います。彼らは自分が新しい事をしたら滑稽な道化として嘲笑され、叩き潰されてしまう事を良く知っています。だから決して自分達で事を始めず、常にお上の指示待ちとなるのです。しかし下種な欲望は抑えきれず隙あらば弱者を食い物にして利益を貪る事を恥と思いません。

 

この国の人々は太平洋戦争の時と同様に、誰かが破滅させてくれるまで愚かな自分達の行動を止めることができません。その時が来るまで「我々は優れている」、「日本は豊かだ」、「あの国を圧倒している」と言い続けなけれならないのです。

「浜辺の歌」に見る日本人の音感

日本人は音痴とよく言われます。具体的な話を進めるのに「浜辺の歌」を取り挙げてみます。成田為三によって作られた唱歌ですが、これを歌う際に音程を外し易いポイントがいくつかあります。

(1)音程が段々と上がる部分

「あしーたあ、はーまあべー」の「」(レ→で2度の音程)

「あしーたあ、はーまあべー」の「」(ド→で2度の音程)

「さあまーああよーええばー」の「」(ド→で2度の音程)

(2)4度の音程

「雲のさまよ」の「」(ファ→で4度の音程)

「雲のさまよ」の「」(レ→で4度の音程)

(3)主和音から属和音に切り替わるところ

「あした浜辺をさまよえば」の「」(ド→で2度の音程)

「雲のさまよ」の「」(レ→で4度の音程)

 

貴族が楽しんだ外来音楽は別として、日本人の庶民の歌は基本的に素朴なドレミソラのヨナ抜き(四七抜き)音階だったようです。

日本の伝統的な曲のひとつ、「さくらさくら」はラシドミファから成る短音階の曲と解釈できますが、この音階をドから始めるとドレミ♭ソラ♭になります。日本人が長音階を歌う場合、ミとラがフラット気味になる傾向がもともとあるのかもしれません。

また、浜辺の歌のようにスラーで音が繋がっている箇所を歌うと、日本人の音程は低めになり勝ちです。というのも日本人は音程を上げていく際に、音を探すように下からすり上がるように歌い、結果として♭気味の音になってしまう傾向があり、本曲のようなケースではそれが露わになりやすいのです。これが(1)の理由です。

(2)の理由ですが、主音に対して4度の音程(長音階でファ、短音階でレ)というのが日本においては馴染みがありませんでした(相対的にはミとラ、ソとドがあります)。実際、日本人には主音と4度の音で構成される和音が良く聞き取れていないのではないかと思うことがしばしばあります。ついでに言うと2度の音程すら怪しいのです。1度と3度の和音は全く同じ音が鳴っていると認識していたようです。(音楽教師 Elizabeth Torreyの記録)

次に(3)です。日本人には主音を絶対的なものとして、それを基に音を上に積み上げるという考えがありませんでした。そもそも主音で終わらない曲さえあります。日本の素朴な民謡は2度や5度の単音で終わるように見えることがあります。3度や6度の和音ならともかく2度や5度で終わるのです。彼らは曲を主音で終える必然性すら感じていなかったのです。ですから主音をベースとしてから組み上げる和音という概念も発達しようがありませんでした。

主要三和音の内、下属和音(subdominant)は未だしも、属和音(dominant)には違和感があったようです。属七和音(dominant seventh)は自然に主和音へと導かれるので分かり易いのですが、単に属和音(dominant)へと進行するのは日本人にとって馴染みがないものだったのです。

 

日本人がなかなか西洋音楽をものにできなかった理由をまとめるとこうなります。

(1)日本人には、主音という考えがなかった

(2)4度の音程感覚がなかった

(3)主音を基にハーモニー(和声)を組み立てることができていなかった

この「浜辺の歌」が人気を得たのは、皮肉にも、日本人特有の下からすり上がって唸るように歌う部分が気に入られたのかもしれません。主音に対して4度音程のファとシが少なく、比較的歌い易い所に置かれているというのもあるかと思います。

これら日本人の音程感覚も味であると言ってしまえばそれまでなのですが、体系的な音楽をついぞ作れなかった日本人が西洋音楽の真似事をし音楽産業を営みながらも、今に至るまで滅茶苦茶な音程の音楽を作り出してきたのは少々滑稽です。

最近は機械的にヴォーカルの音程を正しくすることができるようになりましたが、西洋以外の民族と比べても日本人には根本的に音楽センスが欠けているとしか思えないところがどうしてもあるのです。

人間は完璧でないから生き延びてこられた

我々が認識できるものの中で最大の謎は自身の存在です。自分の見ているもの感じているもの全てが幻想であるとしても、自分の存在は否定しようがありません。

 

人間がどうやって存在するに至ったかという謎は計り知れませんが、ひょとしたら現在の人間の姿は激変する地球環境に応じて自分自身を作り変えてきた結果なのかもしれません。

地球が住めなくなりそうだとしても他の恒星系への移住は容易なものではありませんし、そもそも人間が住める星がこの宇宙に存在するのかどうかさえ不明です。ひとつひとつ探していけばそのうち見つかるだろうでは話になりません。

 

もし亜光速船やスターゲートといった夢のような移動手段が発明(永遠に無理かもしれませんが)される前に、地球や火星、さらには太陽系にまで影響が及ぶような大変動が起こったらどうするのでしょうか。それは遠い未来の話ではなく、明日にだって起こりえるのです。スペースコロニーや堅牢な地下シェルターを作ったところで何世紀も生き延びられるものではありません。

 

それならば我々自身を環境に適応できるように作り変える方が手っ取り早いかもしれません。精神転送や機械の体でしょうか? しかし機械というものは電磁波や水、温度の激変で簡単に壊れてしまう非常にもろいものです。

 

古代遺跡のレリーフには半人半獣の奇妙な姿が見られたりします。それは人間を創ったどこかの星の住人ではなく、人間自身の太古の姿だったのかもしれません。それら異形の者たちは来るべき長期の災害を前にして、生き延びられるように人間を含めた多様な生命体の基を形作り、雄と雌が本能に導かれ交尾を繰り返すことによって多様な遺伝子をもった存在が生まれ、それらは餌や縄張りを求めて争い、環境に適応するものが現代に至るまで生き残ってきたというわけです。

 

しかしそれなら何故、彼らは人間をもっと知的に特化した完璧な生命体にしなかったのでしょうか。恐らく低級な生き物だから却って様々な環境リスクから生き延びられてこられたのではないでしょうか。さらに言うと人間は最初から選ばれた存在だったのではなく、単なる候補のひとつに過ぎなかったのかもしれません。昆虫や爬虫類も言葉を持たないだけで、彼ら独自のコミュニケーション方法があり、また世代の記憶を彼らなりのやり方で引き継いでいるのかもしれず、環境によっては恐竜が地球の支配者になったかもしれないし、ゴキブリが地球を引き継ぐ可能性もあります。人間が特化した文明を築き上げてしまったのは、むしろ危うい事かもしれません。

 

結局、彼らが永らえさせたかったのは生命それ自体であり、人が思い描くような高度な文明等はさして重要ではなかったのかもしれません。文明や文化などはまたいずれ再建される、しかし生命というかけがいのないものを存続させようという、強い意志による最大の遺産が、DNAにより司られた一見脆いように見える地球上の多様な有機生命体だったのかもしれません。

日本人の笑いが意味するもの

日本人は奇妙な笑いを浮かべることで知られています。この笑いには、おおよそ、次のような意味があるかと思われます。

(1)自分は敵ではなくあなたに同意しているという意志を伝達するもの

(2)自分の感情を隠して相手を利用しようという意図によるもの

(3)どう対応していいか分からない時に無意識に浮かべる癖のようなもの

(4)相手への嘲笑

 

アジア太平洋広告祭で最優秀賞を受賞した「The Dolls with Attitude」という日本人監督による短編映画があります。上っ面のほめ言葉だけで会話を交わし、その実、相手のことなど何一つ考えておらず、気にもしてもいない日本人の人間関係が描かれています。どんなに不自然で奇妙に見える作り笑いであっても、日本では相手に恭順の意を示せればそれで良いのです。

 

本音を言えるのはトップに位置する一部の人間にのみに許されることであって、それ以外は何も考えずに愛想笑いを浮かべ相手に同意し服従するだけの人生です。いくらでも代わりがいるので、そのうちに深刻な自己喪失に陥るか、無の境地に至るか、底知れぬ悪意に捉われるか、あるいは狂い出します。

 

さて日本のアニメ等を見ると、会話の途中で妙な間がある時があります。声優が 「あっ…」という間投詞をあてて、登場人物は呆けた様に立ち尽くすのです。これは何かに気づかされたとき、判断に迷う時等によく見られるもので、実際にはこういった場面で日本人は沈黙するか薄笑いを浮かべています。

 

日本人は相手との関係によって委縮したり尊大な態度に出たりしますが、尊大な態度のひとつの表現として嘲笑があります。最初は上のような自分のぎこちない感情を誤魔化す周囲への愛想笑いのようなものだったのですが、それが次第に自分を守り相手より優位に立つための嘲笑へと微妙に変わっていきます。日本人に時々見られるシャイな優しさは、彼らの性格の弱さ、自我が確立されていないことから来るものですが、彼らも時が経つにつれて典型的な日本人となっていくのです。

 

日本で独特の定義付けがされている集団ストーカーという言葉があります。確かにそのような事例が在ることを否定はしませんが、多くは被害妄想、関係妄想、誇大妄想の産物であるように見受けられます。しかし確かに彼らは陰湿な集団暴行の被害者なのです。持ち物を隠したり壊したり、突然大きな音を出して委縮させたりというのは虐めでよく使われる方法です。「皆が隠れて私に意地悪をしています」「傍を通るたびに舌打をされます」「あの人が私を笑っています」等と被害を訴えても相手にされないか頭がおかしいと思われるだけです。

しかし日本人は不用意に他人を嘲笑いすぎで、その事によって身に災いを招くことがあります。すなわち、そういう巧みな虐めが蔓延しているので、日本人は被害妄想から攻撃へと一気に変化する傾向があるのです。抑圧され鬱屈した不満を常に抱えているので、ちょっとした事で特定の誰かを逆恨みし執拗な攻撃を開始するのです。

 

弱い個人は理不尽に標的となりスケープゴートにされやすい傾向があります。日本人は勝てそうかどうかで相手への態度を決めます。行けるとなれば干渉や攻撃を始めます。理由は要りません。弱いから叩くだけです。だから日本人は大きな集団とつるみたがるのです。マフィアと同じで、絆や繋がりや皆で寄り添うことが大切であり、それがあれば守られるし、無ければ何をされても文句は言えないのです。

 

「畏れ慄いて」という映画があります。総合商社に就職したベルギー人女性が虐めに遭い僅か1年で退職まで追い込まれた実話を映画化したものです。積極的にビジネスに役立とうという志は直ぐに潰され創意工夫は叱責の対象となり機械的な単純作業を押し付けられ、終にはトイレ係を申し渡されます。弱い相手が萎縮し恐れおののく事を常に求める歪んだ日本人の心理が描かれています。

 

不正をしている人間は他人の不正が気になるものであり、暴力的な犯罪の被害者はその後同じような犯罪を犯してしまう傾向があることが知られています。彼らが暴行を働くとき、それは彼らのやましさを誤魔化す為でもあり、受けてきた虐待の幼稚な真似やそれに対する復讐でもあるのです。

 

嘲笑は日本人を操るのにも使われます。「そんな事をしたら笑われますよ」と多くの日本人は言われて育ちます。公の場で笑われると教養ある日本人でも狂人のような行動に出ることがあります。「そんなことも知らないの?」「常識だよね?」と言われると彼らは必死になって否定します。周りの評価が全てなので、事程左様に人に笑われるというのは日本人にとって大きな心理的打撃なのです。

 

動物的な馴れ合いは在っても、日本人には真の友も仲間も存在しません。得られもしない愛や友情を求めて、今日も日本人は意味不明な笑顔を浮かべています。太平洋戦争時に捕虜になった日本人の多くは直ぐに何でも喋るようになり進んで連合国の為に働いたという記録が残っています。彼らは上の命令で動く機械のようなもので、誠実さや友情、愛、思想では動いていないのです。

 

日本人というのは本質的に冷たい人々です。個々の日本人はいつ豹変し敵意をむき出しにしてくるかもしれない周りの悪意におびえながら生きています。ぶち切れそうになるのを必死に我慢して生きています。しかし彼らは何故そんなに何時も自身が不愉快なのかに気づいておらず、またそれを知る事を恐れています。平和な楽園という幻想を打ち破るものは憎悪と攻撃の対象となります。彼らの敵意はその時々、一定の人物に向けられ、その攻撃によって彼らは一時溜飲を下げるのです。日本人は大変不幸なことに周りの悪意にも自分の悪意にも気づかずに、その惨めな一生を終えるのです。

www.youtube.com「畏れ慄いて」("Stupeur et Tremblements")予告編

(「The Dolls with Attitude」についてはYOUTUBE等で検索してみてください)

Hey, you bastards, I'm still here

映画「パピヨン」でスティーブ・マックイーン演じる主人公が最後に放つ台詞です。仲間の裏切りによってフランス領ギアナのデビルズ島で無期懲役囚となったパピヨン("Papillon")と呼ばれる受刑者が脱獄するまでを描いた実話に基づく作品です。

岸壁から飛び降り、海を漂流し陸地にたどり着こうとする、一か八かの賭けですが、彼はそれに勝利しました。

 

無謀な計画に協力してくれたダスティ・ホフマン演じる偽札作りの受刑者仲間は彼を止めようとするも決意は変わらず、固い抱擁を交わしますが、虫けらのようにもがくパピヨンの姿は水平線の彼方に消えもう生死も分かりません、恐らく生きてはいないだろう、彼はゆっくりと海に背を向けて何時もの日常生活に戻っていきます。

考えようによっては定めを受け入れ周りと上手くやっていければ流刑地の生活も悪くはないのです。しかしそれでもパピヨンは弱った体に鞭打って自由を求め海に身を投げます。

 

海の上で頼りなげに浮かびながらも精一杯声を張り上げて叫ぶ「俺はくたばらねえぞ!」(吹替時台詞)という言葉は、彼を陥れた仲間、罪に定めた裁判官、酷い仕打ちをしてきた刑務官、成功の見込みは無いだろうと思っていた同じ受刑者、そして過酷な人生を受け入れさせようとした神、それらすべてに対する、決して屈しない彼の強い意志を表明したものでした。

www.youtube.com