kurukuru89’s blog

主に原始キリスト教、哲学、心理、日本人について、気の赴くままに語ります。知識ではなく新しい視点、考え方を提供したいと思っています。内容は逆説的、独断的な、投影や空想も交えた極論ですが、日本人覚醒への願いを込めたエールです。(ここで言う日本及び日本人とはあたかもそれらを代表するが如く装うが、理性が未発達な為、感情的に動き、浅薄な信条に左右され社会に仇なしてしまう集団や人々を主に指しています。これらを通して人間に共通する問題を探り散文的に表していきます)

すぐに序列を考える日本人

日本人は上下関係を瞬時に判別して、地位に相応しい振る舞いをしようと心がける人達です。傲慢になる事もあれば、萎縮することもあります。雰囲気に合わせて自分の意見をコロコロ変える人々です。

 

職場で仕事上のトラブルが発生して、皆が残業することになったとします。そんな時には、すかさず新人が手を挙げて「弁当を買ってきます! 何がいいですか?」と積極的に申し出ます。これが優秀な従業員というものです。

住宅地に近いオフィスでは、新人が自発的に、朝夕と、近所のゴミ拾いをして回ります。新参者である自分を知り、進んで奴隷として奉仕する姿を皆に披露する、これもまた優秀な社員です。

所属したばかりの組織において、何か飲み会や食事に誘われても、最初は儀礼的な誘いと判断して断ります。それでも再度誘われたならば、本音で誘っていると判断し、今度は参加することにします。こういった察しとマナーを備えた人間も、育ちの良い日本人です。

 

ベビーカーを押して外を歩く時にも上下関係は発生します。向こうからも同じようにベビーカーを押して歩く初対面の人が居たとします。彼らはすれ違いさまに「勝った/負けた」を瞬時に判断します。負けた方は心持ちうつむき加減に視線を落とし、勝った方は何事も無かったかのように顎を上げたまますれ違うのです。

 

日本のように学業で、ほぼ一生の序列が決まってしまうような社会では、一握りの勝者と多数の負け犬が発生します。中途半端な位置に居る者は「俺は横綱大関には成れなかったが、幕内レベルではあるだろう」と考えます。さらに、「でもあいつらよりはマシだ。連中は幕下でさえない。俺は少なくとも横綱大関の実力を知っている」とばかりに、権威に寄り添って生きるようになります。

SNSでは何か事があると、大企業や省庁の優秀さや凄さを称える一方で、「そんな事もお前らは知らなかったのか」とばかりに庶民を見下すような書き込みがしばしばみられます。そんな空気を無意識の内に察するうちに、多くの人にとっても「上の事を多少は分かっている」ということ自体が「偉い」「スゴイ」と等しいという事になり、権威にすり寄ることで自尊心を保つようになっていきます。

 

こういった人達は、身の回りの親しい者の言うことは信用せずに、権威があると感じた赤の他人の言うことを信用します。権力とは関係ない人間が冷静な言葉で語る科学よりも、権威ある人が力強く語るオカルトや迷信を人は信じます。例えば風邪の予防に「うがい」が良いとか、逃げる時には「平泳ぎ避難」がいいとかいった類です。怪しい予言や星占い、血液型診断が大好きですが、現実に「パンデミック」が起こっても気にしない人達です。上の人から、いちいち「これは現実だ」「これはデマだ」と教えてもらわなければ、何一つ自分で判断が出来ないのです。

職場で、厚労省の指示をそのまま垂れ流され、「マスクを着けたり消毒液を使ったりして予防に努めるように」と言われたとします。マネージャークラスは率先する立場にあるから、常にマスクを着用しています。その下になると、行き帰りにだけマスクを着用します。さらに下になると全くマスクを着用しません。単に「タテマエ」として、言われたからマスクを着けるのであって、その際にも序列を意識した「ホンネ」の行動が現れるのです。

 

日本人は雰囲気を察して、「今はこれが流行っている」と見れば、自分も神輿担ぎに参入し「エッサッサ」とばかりに盛り上げます。その結果、何だか分からない意味不明なものが日本だけで大流行したり、おかしな人物がリーダーに祭り上げられたりします。仕手株のように「これが人気です!」と騒ぐと、「ちょうちん買い」のように人々が群がります。ブームが去らないうちに仕掛け人は上手く売り抜けますが、のろまな人達は常にババをひく運命です。

 

人々は、世界の人々が自分達の一挙手一投足に注目しているから恥ずかしい事は出来ないという、自意識の強い奇妙な注察妄想のようなものを抱き、普段は序列に従い、秩序だった行動をします。しかし「ウチ」では、何時の間にかファナティックなものに夢中になってしまいます。さらに、戦争や災害の予兆があると言われると何故か発奮します。大災害を、お祭りやイベント、村起こしのように捉えているのかもしれません。 

日本人は、母親に対するようにベタベタくっつく相手を求めています。初めは序列を意識して「甘えと遠慮」の間で逡巡していますが、地位が上がっていけば、好きなだけ周りに甘えられるようになります。しかし、その序列が心の中で崩壊した時には、一転して攻撃的になり野蛮な振る舞いに至るのです。秩序とカオスが表裏一体で、どちらにも転ぶ可能性があるのが日本人なのだとも言えるのかもしれません。

 

「尊卑は各差序有りて、相臣服するに足る。」「下戸、大人と道路で相遭えば、逡巡して草に入り、 辞を伝え事を説くときは、或はうずくまり或はひざまつき、両手は地に據り、之を恭敬と為す。」魏志倭人伝

身動きがとれなくなった日本のシステム

社会システムは、秩序を保ち、生産活動を成さしめ、構成員が出来得る限り幸福を感じられるような環境を整備する為に存在します。ところが本来とはかけ離れた目的で動いているのが日本のシステムなのです。

 

この国では、庶民が余計な事をしないように規制するためにシステムは存在します。彼らは上からの指示に従い、ただ横並びに動けば良いのです。「バカ、余計な事をするな! お前は言われた事だけをやっていればいいんだよ」という訳です。

彼らは、理性的存在が共通して備えているはずの良識ある理念や自然法が、頭からすっぽり抜け落ちているような人々なので、ほおっておくと何をしでかすか分かりません。だから上の人間が何をするかいちいち決めて指示をしなければならないのです。

人々はお互いに牽制し合う一方で、上に位置する人間が働かずして利益を食むための巧妙な搾取システムも存在します。

 

これらは、物事を効率良く動かす為のシステムではなく、人々が勝手な動きをしないように監視し抑制する為のシステムです。ひとつの体制が長く続けば続くほど、社会全体の動きはどんどん鈍くなっていきます。アングラだけが活況を呈していても、そのうち規制が進む事によって、社会はいずれ死を迎えます。

既に日本では、目的を理解せず、ただ上から言われた事柄やルールに黙々と従うだけの人間ばかりが存在する国となってしまいました。

 

マイナンバーカードが出来た頃、その利点やリスクを何も解せずに、ただ送られてきた封書の内容に従ってカードを申請した人が居ました。「何のためにそんな事をするのか?」という疑問も理解も全く無いが、ただ言われた手順に従って、写真を用意し住所や名前を書く知力と、「何かタダで貰えるらしい」という欲だけは備えていた人達だったのです。笑ってはいけません。程度の違いこそあれ同じような手合いはこの国に多いのです。

法曹関係者が「被告人は無罪の証明を!」と述べたりSNSに書き込んでしまいます。下の人間が原稿を書いて、何度かチェックを経た上で準備したはずの文章でさえこれです。試験で推定無罪の原則に関する問題が出てくれば正しく答えられるが、「せいぜい無罪の証明が出来るように頑張れ。まぁ無理だけどな(笑)」という日頃の認識が、図らずも表に出てしまったという所でしょうか。ルーチンワークから外れると途端に杜撰な作業しか出来なくなり、ボロが出てしまいます。

 

この国は、中国や西洋から輸入したシステムを表面上は取り入れて来ました。ところが彼らは相変わらず、仲間内だけで利益を食む「ムラ社会」の原則で動いているに過ぎません。

普遍的な人間に対する真の共感力が欠けていて、規則に従う事しか出来ないので、仲間以外の人々に対して、非人間的なルールが機械的に適用されてしまいます。「ソト」の人々や下の人間の精神力と時間は無限であり、いくらでも消費する事ができ、いざとなれば、その命は使い捨てにすべきものだと思っています。 

 

社会システムのみならず、彼らは基本的に、世界の本質や法則に目を向けて、新しい工具や機械を発明する、新しい考え方や仕組みを造って世界に貢献する、といったことが出来なかった人々です。 

 

現代はモノマネが通用しない時代です。物自体ではなく、新しい考え方やデザインそのもので勝負する世界になりました。それなのに研究費は無駄なコストとして削られる一方です。そして未だに彼らは、役人の指示に従って一斉に動けば儲かるのだと考えています。しかしこれからは、誰かに従うだけで自ら考える事が出来ない人間や国は、衰退し世界から退場せざるを得ないのです。

それでも人は、従来のシステムの中に居続けることで安心してしまう生き物であり、生き方や身の周りの環境を変える事は難しいのです。例えそこが刑務所であったとしてもです。

「日本」という言葉に酔いしれる人々

「ニッポン」という言葉は単なる国の称号ではありません。外国語には到底翻訳出来そうにない、独特なイメージの複合体を繋ぎ止めている、日本人にとって大切な記号なのです。

 

日本は田舎者や百姓の集まりのようなものですが、そうした国に住む無力な個人でも、「日本」を笠に着ると途端に無限の価値を自身が帯びたように感じます。根拠は不明で、「理屈じゃない、とにかく俺たちは偉いんだ」となります。

西洋人にしたって、優れた奴も居るが反対に駄目な奴も多く、総じて見れば日本人より劣ると考えています。「アメリカには○人とかプエルトリコとかメキシカンとかがいて、(IQの)平均は低い」となるのです。アジアの隣国となるともはや、個人としても国としても下劣で、人よりも犬に近いようなものと認識されています。しかしそうは言っても隣の国が気になって仕方がなく、些細な事でも報道を執拗に繰り返します。「あんな国に比べたら我々の国は余程ましだ」と思いたいのです。外国人の日本に対する印象が本当は、サムライ、ニンジャ、女子高生、JAV、Hentaiであっても、彼らは高いセルフイメージにご満悦です。 

 

日本人を、例えば自然言語からその価値を換算し、数字を弾き出す関数と考えてみます。日本に関連したような言葉を投げ込むと、その価値は無限大に発散します。今度はアジアの隣国に関する言葉を入力してみるとゼロに限り無く近い値が返って来るのです。何とも大雑把な関数ではありますが、日本では全ての物事に上下関係が明確に定まっていないと社会システムが安定しませんので、個人も社会も、こういった価値判断をするのです。

 

日本人は「we japanese~」とか「普通の日本人ですが~」とか「私は~だと思います」とか、小学生の作文のように、いちいち構えないと何も言えない人々です。そうして虚飾に覆われた言葉を発し、それを真に受けた外人によって誉められているうちは良いのですが、いざ外国人から批判的な事を言われると、病的に気になり「悪口を言われた」と皆で大騒ぎをします。何時もは、外国籍の人やハーフの人を外人扱いするのに、都合の良い時だけ日本人扱いをして、日本のイメージを高めるのに利用してやろうとも考えます。

 

昨今は「移民」も増えてきました。外国人労働者は、嫌悪と侮蔑の対象であり、低賃金で重労働を肩代わりしてくれる都合の良い道具であり、準犯罪者として当局が厳しく取り締まる対象です。わざわざ面倒を見てやっているのに、彼らは度々脱走したり自殺したりします。さらにあろうことか、涙を流しながら窮状を訴える彼らの姿が外国で報道されてしまう事があります。あれだけ親切な事をしてやったのに、何たる仕打ち! なんと可哀想な私達なのでしょうか! 日本のイメージをぶち壊そうとする悪辣な陰謀です。

 

日本人は表面のイメージだけを綺麗に糊塗して満足します。外見しか気にしていないのに「性格や中身が大事」とか言ってしまう人々です。

日本人が良く使う言葉で「一言でいいから謝って欲しい」というのがあります。実際のところ「御免」で済むはずがありません。しかし本人はそう信じ込んでいるのが日本人の困ったところなのです。「私はたったこれだけしか望んでいない」という謙虚さを示すポーズを無意識のうちにとっているのです。

災害時には、避難経路や避難場所も確保できていないのに避難警報を出して人々を急かしながら、最後は「自分の命を守って!」と放り出してしまいます。策が無いのなら初めからそう言えば良いものを、気遣っているような振りをしているからたちが悪いのです。

 

表面上は、美しい国に住む素晴らしい人々となっていますが、実際の中身はドロドロです。人々は隣人とにこやかに付き合う一方で、陰で悪口を言い憎み合っています。大方の日本人は職場で一人の時間を楽しんでいます。日本人はごく親しい仲間や家族を除いて、お互いにうんざりしているのかもしれません。

良い学校に通って良い就職先を見つけ、貯金を貯めて家を買い、退職金と年金を満額もらって良い老人ホームで余生を過ごす、収入の違いはありますが、これが日本では最も安全で無難な人生です。しかしちょっとでも気を抜くと転落してしまいます。

世間で優秀と看做されている職種の人々は「保身」で動いています。彼らはリスクが見えているからこそ慎重です。気付かれないように上手く周りを利用し、敵に罠を仕掛け偽装工作をし、自分に有利な証拠を残して、賢しく立ち回るのです。 

 

しかし人々は、ネガティブな現実に囲まれたままで生きていく事は出来ません。どうしてもポジティブなイメージを心に抱いていないと精神のバランスを崩してしまいます。そうした日本人の希望や期待を一身に背負っている言葉が「日本」なのです。

彼らは「ニッポン」という美酒に酔いしれ、恥ずべき過去や深刻な未来、現在を忘れて、日々の生活へと戻っていくのです。

 
「外国人に対して乃公(おれ)の国には富士山があるというような馬鹿は今日はあまり云わないようだが、戦争以後一等国になったんだという高慢な声は随所に聞くようである。」
夏目漱石現代日本の開化」

 

「誰も口にせぬ者はないが、誰も見たものはない。誰も聞いた事はあるが、誰も遇った者がない。大和魂はそれ天狗の類か」

夏目漱石我輩は猫である

ハーヴェスト・ムーン(Neil Young - Harvest Moon)

ニール・ヤングのハーヴェスト・ムーンです。キーはニ長調で、ギターの調弦もドロップDチューニング(6弦をEからDへ)を使っています。シンプルですが、ギターがもっとも良く響くようなコードを選んで作られており、ゆったりとしたリズムも相まって心地よい感じを与える曲です。


Neil Young - Harvest Moon

衆愚と化した日本人

日本人には迷信深いところがあります。暗示に弱く、怪しげな話に直ぐに飛びついて、それが日々の行動を支配していたりします。もともとあった、そういった傾向が、統制のとれたメディアやネットによって、衆愚的な動きがさらに加速されています。野蛮な群衆と化した人々は、為政者にとって都合の良い道具である一方で、他国にとっては危険極まりないものとなります。


以前、TVで「おなら」の特集をやっていました。オナラ漏れに苦しんでいる人に対して専門家が「ご飯を食べれば、一緒に排泄されます、しかも、ご飯は無臭です」と言うのです。「パンが無ければお菓子を食べればいいじゃない 」ならぬ「オナラが出るならウンチをすればいいじゃない」みたいな話です。一つ一つは事実として正しくても、全体になると、とんでもないアドバイスになってしまう事がありますが人々は、「偉い先生が言っているのだから」と信じ込んでしまいます。


ネットでは、雲の形や数字の羅列などに凶事の兆しを読み取り、不安を煽る記事が溢れています。天井のシミが人の顔に見えてしまうようなパレイドリア(pareidolia)は普通の人にも見られる現象ですが、こういった人々はそれに意味付けをして複雑なストーリーを作り上げるのです。妄想気分もあって、単なる偶然の一致が重要な意味を暗示するものとして解釈されます。

何かのシンボルや数字の組み合わせを繰り返し見せると、群衆は勝手に陰謀論に飛び付いて、畏れおののいてくれます。それを煽るようなブログが、さらにその動きを強化します。
バランスの欠けた人は秘密が大好きです。「秘密を持った」という意識の一方で、それを他人に喋らずにはいられません。「秘密の組織が世界を破壊しようと企んでいる、私だけがその秘密を知っている、それを公開するが、秘密を知ってしまった私は命を狙われている」と書き込んで、奇妙な謎解きに夢中になっています。個々の文自体は意味を成していますが、全体になると意味不明だったりします。しかし多くの人達は、このような記事を読んで、「そうか、そういう事だったのか! 頭のモヤモヤが晴れてスッキリした」と感謝するのです。


人は潜在的に持っている不安や恐怖、畏れを、特定の対象に結び付けようとします。例えば好んでホラー映画を見たり、超自然に興味を示したり、台風や地震を神々の怒りと解釈したり、特定の民族を「陰謀を企んでいる」と迫害したりするような傾向です。

「怖いけれど正体を知りたい」とばかりに、こういった情報を得ることによって、少し安心するのです。良く作られたストーリーは、日常に潜む漠然とした不安を上手く説明してくれるように思うのです。多くの人々は、分からないもの、不明なものを、そのまま事実として頭の中に留め置くことができず、その曖昧さ、不安に耐えられないのです。
科学を容易に信じない一方で、流言や風説の類いは簡単に信じてしまいます。YouTube の優れたレコメンド機能によって「日本スゴイ」という動画が沢山出て来ると、「世界は日本を称賛している」とつい思い込んでしまいます。

インターネットは自ら情報を選択しているような幻想を与えますが、実際には、真偽の明らかでない非常に偏った情報によって洗脳されてしまうのです。しかし多くの人は、「みんながそう言っている」と、ますます自分の考えに自信を持ってしまいます。


こういった人々は自分の無意識にある真の動機に気付くこともなく、極めて浅い思考で刷り込まれた言葉を反復しています。教育は受けていても、理性ではなく感情により、一方の極から、もう一方の極へと激しく揺れ動く人々です。

数千年に渡る文明の果実を凝縮した形で享受しているはずだった、我々の受けてきた教育とは一体何だったのでしょうか?

 

大昔の人々は、周りにある自然や、収穫、祭り、結婚や葬式などがそれぞれ大きな意味を持ち、現在の人々よりも、ある意味ドラマチックな人生を実感していました。現代では情報量こそ増えたものの、その個々の価値は低減し、具体的な体験は減っています。理想は消滅し、具体的で、手っ取り早い富や栄光を人々は求めます。文明の発達とは逆に、人間としては野蛮な人々が増えてしまったのです。しかし彼らは生来の愚鈍さと傲慢さから、決してそれに気付くことがないのです。