kurukuru89’s blog

主に原始キリスト教、哲学、心理、日本人について、気の赴くままに語ります。内容は逆説的、独断的な、空想も交えた極論ですが、日本人覚醒への願いを込めたエールです。

日本人は自主的に協力し合って何かを成し遂げることができない

日本人は誰かから指示されて動くことに慣れきっているため、自ら考え、他の人も巻き込んで何かを成し遂げるということが出来ない人達です。真似事ではない草の根民主主義など、数千年かかっても、この国では発生することはなかったでしょう。

 

BBCニュースで紹介されていますが、テキサス州で大リーグの優勝パレードをビルから見ていた女性が帽子を落としたのを見て、下の各階の人達が協力しあって、帽子を持ち主の元に返したそうです。そこには、自発的な暖かい気持ちで協力し合い、楽しみながら何かを行うという、日本人には欠けている何かがあります。

 

「タテ社会」の日本人は常に上の方ばかり見ています。大人しく待っていれば、誰かが何かを指示してくれる、教えてくれる、与えてくれると思っているのです。そしてその上下関係の中で自分がどこに位置しているかを常に気にし、下の人間だと見るや否や、尊大に振る舞います。

 

自分では問題を解決できず、権力が大好きなので、何かあると「先生にいいつけてやる」(笑)、「警察に通報してやる」です。権力の腐敗には寛容です。それどころか、自分もその儲け話に加えられると大喜びです。サル共にはモラルをもって権力を監視するなど出来ない芸当です。だから三権分立も骨抜きです。正しいか、悪いかではなく、上位の人達がどう動くかが日本人の判断基準です。自分の通報によって弱い人が権力によって叩き潰されるのを見ると大いに喜ぶ人達なのです。

 

日本人は、人間として自然な暖かい感情に導かれて、横方向の人々と、真の意味で協力しあうことができません。仲間だと思っているグループでも、そこには何かしら上下関係が発生します。ボスを崇める一方で、メンバー同士で足の引っ張り合いをするという醜態を小さなコミュニティで今日も繰り広げているのです。日本人は上の人間へのお追従やおべっかはしても、同僚や下の人達にはとても冷たい人々です。表面上は笑っていても陰で何をたくらんでいるのか分からない信用できない人間です。

 

自ら何かを獲得するのではなく、上にいる指導者様や先生が何かをしてくれると思っているのと同時に、日本人は何かをタダで貰うこと、してもらうことを当然の権利だと思っています。だから厚かましいことを平気で要求します。下の者には、自分に無条件、無制限に従う義務があると考え、自分が何らかのルールに従う以上に厳しく、細かいルールを守るべきだと、無神経な言葉できつく他人を注意したりします。

 

このように日本人は自らの考えもないままに、上の意向に従って右へ左へと揺れ動いている葦のようなものです。指導者様が言えば、気がふれたように同じ製品を大量生産し集中豪雨のような輸出攻勢をかけ、隣国を憎めと言われれば、皆で罵詈雑言を浴びせ、戦争に行けと言われれば、カミカゼ・アタックで死ぬまで戦います。このような気の狂った全体主義のような国だからこそ、日本は世界の迷惑となっているのです。