kurukuru89’s blog

主に原始キリスト教、哲学、心理、日本人について、気の赴くままに語ります。内容は逆説的、独断的な、空想も交えた極論ですが、日本人覚醒への願いを込めたエールです。

ウソと自己洗脳によってバカが大量生産される日本

このようなツイートを見つけました。

まさに日本人の典型的な偽善的思考があらわれています。心がこもっていなくても、表面上だけでも仲よくしておこう、という考えです。それが礼儀であり、気遣いだと思っているのです。とりあえず、ウソをついて相手を騙し、適当に相手を気持ちよくして今をやり過ごせればいいのです。

 

後半に至っては一種の自己洗脳です。状況を客観的に見ることができずに、自分を誤魔化しながら決して諦めず、耐え続けるのです。上に書いてあることを馬鹿正直に信じて、こんな心構えで人生をずっと生きるというのは、本人にとっても周りにとっても悲劇でしょう。

 

日本人はフランクに人と付き合うことが苦手です。彼らは、為政者達によって作られた酷い社会システムや慣習に縛られ、さらに過酷な気候の島国に閉じ込められて鬱屈している人達なのです。ですから、心にもない綺麗事をいって、希望に満ちた社会であるという自己欺瞞にみんなで浸るしかないのです。彼らは決して現実を見ようとせず、常に自分と周りとを欺き通します。

 

自己洗脳についてはこんなエピソードがあります。昔、某大学医学部教授が書いたという、「バカの壁」という本がありました。ゴーストライターが書いたような酷い内容の本でしたが、同じ大学出身者が、後輩に向かって、あり得ないような一生懸命さで、この本の内容の良さを力説して読むように薦めていたのです。一種の忖度ですが、このような嘘を付くには自分自身も騙す必要があります。言わば自己洗脳のシステムです。

 

官庁が決めたことは、巧みな説得により、リストに挙げられている御用学者、政治家、メディアのキーパーソンに浸透していき、その結果、メディアによるプロパガンダとなったり、会社組織の方針として底辺の人々まで伝わっていくのです。説得というのは洗脳のごく基本的なテクニックのひとつです。

 

日本人というのは周りに嘘をつき、自分自身でさえも騙して、皆でゆっくりと死に向かっていく「ゆでガエル」のような人達なのです。