kurukuru89’s blog

主に原始キリスト教、哲学、心理、日本人について、気の赴くままに語ります。内容は逆説的、独断的な、空想も交えた極論ですが、日本人覚醒への願いを込めたエールです。

ベートーヴェンの隠れた傑作、弦楽五重奏(作品137)

ベートーヴェンが1817年に書いた、「弦楽五重奏のためのフーガ」(Op.137)は、2分少々の小品ながらも味わい深い傑作です。

 

交響曲第8番」(1811年)と「交響曲第9番」(1824年)の間、そして「弦楽四重奏曲第11番(セリオーソ)」(1810年)と「弦楽四重奏曲第12番」(1825年)の間の、長い空白期間のちょうど中間あたりに作曲された曲です。

 

この作品は珍しく、弦楽器による五重奏で演奏されます。(1)第一ヴァイオリン、(2)第二ヴァイオリン、(3)第一ヴィオラ、(4)第二ヴィオラ、(5)チェロという構成です。

www.youtube.com

曲は、短いながらもソナタ形式になっています。まずは典型的なフーガから始まります(0:06から)。(1)-(2)-(3)-(4)-(5)と5つの楽器で機械的な第一の主題が演奏されたあと、また第一の主題が繰り返されると思いきや、嘆きのような下降する短い第二の主題が、(1)-(2)-(3)の順で演奏されます(0:38から)。

 

そのあと、(1)-(5)-(4)で第一主題を思わせるような音型に続いて、曲は自然に無理なく展開部に入り(1:11から)、(1)、(2)の高音域パートと、(4)+(5)の低音域パートの間でフーガのかけ合いが行われます。

 

再現部では(1:41から)、第一主題が、最初よりもさらに高い音域で演奏されて、ドラマチックな感じを与えます。これが(1)-(2)-(3)-(4)-(4)+(5)と短い時間で弾き継がれた後、突然、全ての楽器がff(フォルティシモ「非常に強く」)で鳴り、ヴァイオリンが第一主題をもとにした、強い叫びを思わせる旋律を奏でます(1:56から)。

 

そしてすぐに終結部に移り(2:02から)、第一主題と第二主題、そして第一主題の断片が演奏されて、あきらめを感じさせるように静かに曲を終わります。短くても心を動かされるような劇的な構成になっています。

 

自由で複雑な形式、そして陰鬱さを加えていった後期作品群の先駆けとなるような、小品ながら構成感があり、劇的で強い感情も表現されている、後期ベートーヴェンの魅力が凝縮されたような作品です。