「東北でよかった」発言の裏にあるシナリオ

興大臣の「東北でよかった」発言、そしてそれに続く更迭とSNSの動きですが、これはシナリオ通りの出来事です。

 

復興相のこの言葉は、パーティの檀上での原稿を見ながらの発言であり、うっかり口が滑ってしまったというような失言ではありません。他に原稿を書き、それをチェックした者がいるはずです。

 

また発言自体も「東京だったらもっと被害額が甚大になっていただろう」という当たり前の事実を文脈を無視して抜き出し、問題にされたもので、「東北の人たちの気持ちを考えない発言」という意味合いで大きく報道されました。

 

そして直ちに首相が同じパーティで、冒頭で失言があったと、まるで予め用意ができていたかのように謝罪しています。

 

復興相の更迭はもともと予定されていたものです。それがこの日、計画的に引導を渡された形になったわけです。

 

総理大臣は、今回の件で、常識と迅速な判断力・決断力を備え、国民の不満の声に耳を傾ける政治家ということで株を上げることができました。

 

さらにツイッターなどのSNSで、「東北でよかった」という、東北の名物や観光名所を褒め称える投稿やリツイートが急に増え、示し合わせたように報道機関もこれを伝えました。オリンピックまでに福島を含めた被災地の復興を印象付け、避難民を無理やりにでも戻したい政府にとっては実に都合のよい援護射撃です。

 

今回の件はまさに一石二鳥、三鳥、四鳥をも狙った計画的なメディアコントロールのひとつです。まぬけな復興大臣を体よく更迭し、国民のガス抜きをして、首相の株を上げて、さらに東北の被災地復興に向けて気運をもりあげるという複数の効果を狙ったのです。