読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurukuru89’s blog

原始キリスト教信者が森羅万象について解説します

DNA鑑定のいい加減さ

一般の人々は、DNAの型が容疑者と一致したという報道に接すれば、犯人が確定したと信じ込んでしまうでしょう。しかしこの判定方法にはいろいろと問題があります。

(1)DNA配列の全てではなく、ごく一部分を照らし合わせたものにすぎない

(2)DNAの配列の特定部分に見られる配列の反復回数が、個人によって異なるという仮説に基づいたもので、単にこの反復回数を数えているにすぎない。

(3)仮説に過ぎないので、同じ反復回数を持つ人がどのくらいの頻度で現れるのか、分かっていない。従って判定の正確さの確率もただの推計にすぎない。

(4)照らし合わせた一部分でさえも、パターンが全て一致したのではなく、不一致部分が存在することがある。

(5)一部分から全体を確率論的に有意水準に達しているかどうかを見ているのに過ぎず、有意でも偶然に過ぎないという事があり得る。

(6)1回の検査では、偽陽性の問題を免れることはできず、その判定は信用できない。

(7)そもそもパターンが一致するDNAが検出されたからと言って、その組織がそこに存在した、接触した可能性があると言っているに過ぎず、暴行や殺人の物的証拠とはならない。