この国が提供する「働き方」改革に騙される人々

小学校で午前中を5時限にして、放課後にゆとりを持たせようとするところが増えているそうです。これがこの国の考える「ゆとり」であり「働き方改革」です。

 

こなさなければならない量は変わらないのに、登校時刻を前倒しにして小学生や教員に無理を強いて、見かけ上の「ゆとり」を演出する。いったい何のための「改革」なのでしょうか。

 

ある食品企業が、基本給を1万円上げる代わりに、1日の労働時間を7.5時間に抑えるといいます。1万円をあげて、残業代を諦めさせたわけです。

 

また、ある商社が社員の深夜残業を禁止して、その代わりに、早朝出社を奨励しています。もちろん残業代は出ません。そのかわりに無料でバナナなどの朝食が食べられるそうです。

 

一事が万事、この調子です。

 

雇う側の理由にすぎないコスト削減を、「働き方改革」と称して、さも従業員側のメリットを考えた変革であるかのようにすり替えているわけです。

 

そのような朝三暮四に軽々しく乗ってしまう日本人はサル以下です。あるいは日本人は、諦めの良い民族だからしょうがない、とでも言えばよいのでしょうか。