福島避難民に対するイジメにみる日本人の心理

福島からの避難民に対するイジメが話題になりました。その内訳は、賠償金に関するもの、避難者であることを理由としたもの、放射能を理由としたものの大きく3つに分けられるそうです。

 

これらのイジメをしている人たちは、特に底意地の悪い人ではなく、こういった行為は、ごく一般的な日本人の心の表れです。

 

以前の記事、「日本人の精神構造からみた社会階層」にも書きましたが、災害や犯罪の被害者は、日本では「不可触民」にあたります。名誉を失い、ケガレを負ったものたちです。要するに、子供の言葉で分かりやすく言うと、「みっともない」、「ばっちい」ということなのです。

 

震災から6年もたつのに、未だに惨めな避難生活を続けていて、さらには賠償金までふんだくっていると、苛めている人たちは感じているのです。さらには放射能で実際に穢れDNAも傷ついているから、汚らしい、お近づきになりたくないというわけです。

 

日本にいる限り、この不名誉は死ぬまで続き、決して払拭することはできません。苛められるのは未だ良いほうで、最終的には無視され、まるで存在しないかのように扱われてしまうのです。