読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurukuru89’s blog

原始キリスト教信者が森羅万象について解説します

組織のルールを破る愚かな日本人

こんな記事を見ました。異国で日本人通訳女性が一人頑張っているという一連のシリーズ物のひとつです。

製造業のラインで不良品が大量に発生し、その原因を突きとめようと、この通訳女性はメキシコ人作業員を問いただします。作業員はそっぽを向きます。その後、白人のマネージャーが現われますが、「お前は通訳なのだから、こんな事はお前の仕事ではない」と怒り出したというのです。

このマネージャーが言っている事には100パーセント義があります。およそ組織の中で決められた役割を守らず、あまつさえ上司に反抗すること等あってはならないのです。そんな事では効果的な組織なぞ望むべくもありません。この日本人女性は「カイゼン」の為なら組織の壁を破って進言、行動すべきだと考えていたのです。

その昔、指揮者の小澤征爾N響の楽団員全員に無断で練習をすっぽかされるN響事件というのがありました。若いとは言え指揮者です。それを集団でボイコットとはありえません。また音楽雑誌でこのような記事を読んだことがあります。チャイコフスキー交響曲第4番第3楽章を調子に乗って指揮していたら、終わった後、楽団員に「初めから十分効果が出るように作られたものだから、それ以上の効果を狙うのは危険だね」と諌められたと言うのです。「指揮が速すぎます」ならまだしも、音楽上の解釈を巡って指揮者を怒るなど考えられません。

これらは、日本人が効率的に組織で動く事が出来ずに、現代の経済戦争でも負け続けている理由が良く分かるエピソードです。 日本人は戦争においても経済においても、現場レベルの兵隊の自主性、精神性に依存しています。だから無能な上司や士官が跋扈する一方で、上司の意向を無視して勝手に動く兵隊が現われるのです。