kurukuru89’s blog

主に原始キリスト教、哲学、心理、日本人について、気の赴くままに語ります。知識ではなく新しい視点、考え方を提供したいと思っています。内容は逆説的、独断的な、空想も交えた極論ですが、日本人覚醒への願いを込めたエールです。(ここで言う日本及び日本人とはあたかもそれらを代表するが如く装うが、理性が未発達な為、感情的に動き、浅薄な信条に左右され社会に仇なしてしまう集団や人々を主に指しています。これらを通して人間に共通する問題を探っていきます)

日本人

理性だけでなく感情も鈍い人達

日本人は理性だけでなく、感情も鈍い人々です。他人の感情を読み取り、そして共感するという最低限の事も出来ないのです。 以前、夜遅くバスに乗った際、たまたま酷く幹線道路が渋滞しており、時間を考えればこのまま降りて歩いて帰ったほうが速いかもしれな…

そのうち日本人はカネを払ってでも安楽死を求めるようになる

日本は急速に貧困化しています。地方に行くと、荷物を満載したカートをひいてあてどなく歩く着膨れしたオバサンを見かけることがあります。都心でも昼頃になるとマンションから、口を半開きにし腰を前に突き出した老人が放心したようにコンビニへと向かって…

集団内で序列を作り、それに安住する人々

日本では集団が生まれると、直ぐに集団内で序列が出来ます。皆で誉めそやしながら、神輿を担ぎ、都合よく働いていくれる無能な者を一番上に置きます。真の実力者は陰にいます。そして末端まで続く奴隷達がいます。彼らは「パシリ」として走り回る事で集団に…

人格障害者のような国と人々

日本というのはどこか、国全体で情緒不安定な人格を思わせるところがあります。個々の人々を見ていても、そのような傾向が見られます。世代を超えて受け継がれる、この異常性は次のような特徴を持っています。 (1)自己像の欠如 「~を出た、~に勤める人…

言葉や理性が劣化し、文明を維持出来ない人々

音楽は頭の中に様々な情感を呼び覚ましてくれます。主旋律に対してAという情感、副旋律に対してBという情感、ハーモニーに対してCという情感、曲全体でDという情感が、時間と共に生まれては消えていく、それが音楽を聴く楽しみのひとつだったりします。とこ…

言葉を押し頂いて、それに支配される日本人

日本人は食べ放題やバイキング、スーパーの取り放題が大好きです。TVではバイキングで元を取るには何を食べたらいいかという特集を組んでいたりします。小児性愛者御用達三流偶像が「私も知りたーい!」と囃し立てます。ただで何か貰えるなら何処にだって出…

「いじる」事を好む日本人

日本人は他人を「いじる」のが大好きです。それが人間的な交流のひとつだと思っているのです。 隣人を公衆の面前でからかったり、貶めたりして周囲の笑いをとり、集団の緊張を和らげ場を和ませているのだと考えています。TVでも芸人が他者に侮辱的な言葉を吐…

幼稚な精神状態から抜け出せない日本人

日本人は幼稚な人々です。IQとかパーソナリティは別にして、周囲への反応の仕方がまるで子供としか言いようがないのです。 昔、TVのリポーターが暴力団幹部に突撃取材するという企画をやっていたのですが、淡々と説明する相手に対し「なぜ抗争なんかするんで…

二つの状態の間で意味を見出だすことにより、人々は生きている

人間の精神がもっとも停滞するのは平坦な状態が続くときです。良いものにせよ、悪いものにせよ変化が必要です。交通事故や病気で大切な人を亡くして、その啓蒙に意義を見いだす人もいます。一方で他人を貶めたりすることに懸命な人達もいます。決して快楽の…

消えていく日本の企業

人口が減り内需が先細る一方の日本ですが、彼らはどうするつもりなのでしょうか。労働力として奴隷を輸入しても消費はたかがしれていますし、観光や輸出に力を入れても日本の魅力はどんどん落ちて来ています。少数の金持ちを相手に商売出来る企業は限られま…

「ぼくらの7日間戦争」

教師の横暴に業を煮やした中学生が、廃墟に立てこもって、7日間の反乱を起こすという物語です。冒頭において、まるで独裁政権の収容所、あるいはカルト教団かと見紛うような、指導者による、虐待、暴行、脅迫、窃盗、器物損壊などの非道な行為が描かれており…

感情が未分化な人々

未開人は時として感情が十分に分化しておらず、文明人にとっては理解し難い動きを見せることがあります。 芥川龍之介は「手巾(ハンカチ)」という作品のなかで、心の中で苦しんでいながらも、微笑みながら息子の死を語る夫人を描写しています。 "こんな対話…

日本人の邪悪さは何処から来るのか

典型的な日本人に見られる「邪悪さ」というのは一体何処から来るのでしょうか。 「あの人は良い面もあるが悪い面もある」というようなものではなく、また程度の問題でもなく、常識ある人が「彼は邪悪だ」と判じ得るようなものについてです。 幕末から明治に…

自分を虐めるのが大好きな日本人

日本人はくだらない事で頑張るのが大好きです。 「努力することは楽しい」「苦しみが喜びになる」「毎日が忙しくて充実している」「どこまで頑張れるか自分を試すのが楽しい」などと、おかしな事を時々口走ったりします。 「頭は、使えば使うほど良くなる」…

「妄想代理人」

今敏(Satoshi Kon)監督のアニメ作品に「妄想代理人(paranoia agent)」というものがあります。一見無関係な独立したストーリーから成り、それぞれ特殊な人達の体験や妄想を描いていますが、それらは、多くの日本人に共通する問題を、さりげなく浮き彫りにして…

日常生活において論理的に考えようとしない日本人

試験では良い点を取ろうと努力する日本人ですが、彼らの勉強は日常生活に役立っているのでしょうか? 生まれたばかりの赤子に「障がい」があることを知らされた親を想像してみます。「このまま放って置けばまもなく死んでしまうが、手術をすれば助かる、ただ…

THE BLUE HEARTS - Pawn

www.youtube.com

卑怯で陰湿な人々

日本は卑劣な人が多く住む国です。 戦記等を見ると、日本兵による数々の非道な行いが目につきます。例えば「投降するから」と士官を誘い出して騙し討ちにしたとか、怪我したふりをして、助けようと近づいた相手を襲うとか、捕らえた敵を切り刻み男根を口に押…

勉学に励むが、考えようとはしない日本人

人にはそれぞれ持っている器があります。その器以上に努力をするのは無駄なことです。 学校教育を受ける事が、将来の安定に繋がったり、階級を上がる手段の一つと成り得た間は良かったのですが、未だに、己の記憶容量や処理能力の限界を省みることもせず、ひ…

「まだ大丈夫」と言い続ける日本人

日本人というのは懲りない人々です。 過去から学ぶ事ができず何度も同じ間違いを繰り返します。物事の説明を受けるのでも、単に新しい言葉で言い換えたものに過ぎないのに、言いくるめられて呆けたように感心しています。本質を理解するのではなく「偉い人が…

量を捉えられず、議論もできない日本人 

日本人の多くは精緻な思考ができません。 例えば男女平等が話題になると一人は「女性はもっと社会進出すべきだ」と言い、もう片方は「男女は異なるのだから平等など意味がない」となり、議論は終了します。 こうした話をする際には最低でも「このトピックス…

日本が世界に誇る「どうでもいい精神」

日本人にはまるで投げやりとでも言えるような態度が見られることがあります。深刻な物事に対する恐るべき鈍感さと無作為、あるいは極めて不適切な行動が顕著なのです。 以前、エネルギー関連企業に抗議に行った人がSNSで、若い男女の社員達がニヤニヤ笑いな…

自分の頭で深く考えようとしない日本人

日本人は深く考えようとせず、表面的な知識だけを身につけて生きている人達です。 昔、試験を受ける人がいて「『こんな感じの問題が出るかもしれないよ』と教えられたので勉強しておきたい」と言うので、模範解答を書いてあげました。後日尋ねると、彼は解答…

意味や感情が希薄となり、自我も失ってしまった日本人

日本人には人として信じがたいような軽薄さがあります。まるで魂や心が欠けているようにも見えます。 ある種の異常行動の原因のひとつは物事に適切な優先順位や強弱をつけられないところから来ます。 例えば手を何度も洗わないと気がすまない不潔恐怖と呼ば…

言葉をないがしろにしてきた日本人

日本人というのは実に軽々しく言葉を扱う人々です。 例えば尊敬語や丁寧な言葉がしばらくすると相手を侮辱するものに変わってしまう事が良く在ります。「貴様」「御前」などがそうですし、「ご愁傷さまです」というのは時に極めて失礼な表現となります。「遺…

非効率であることを目的とする日本のシステム

日本のシステムは可能な限り複雑で煩雑であることを目指します。ですから業務効率化等は全く馴染まないのです。 日本では込み入った何段階もの手続きによって、そこから利益を抜き、民衆の動きを制御するようになっています。生産者や消費者からの集金マシン…

おかしな話を簡単に信じ込んでしまう日本人

道徳の授業のときに教師がこんな話をした事がありました。「モノは生きている、だけどモノは人間に捨てられると死んでしまう」という趣旨の話で「モノには魂が宿っている、だからモノを大切にしましょう」という事をその教師は言いたかった訳ですが、その奇…

人をモノ扱いする日本人

日本人は他人をモノのように扱う人達です。彼らには人間性という概念が欠けていて、他人への共感や愛が欠けています。 「共感」があるから他人を対等と認識するのであって、単に感情の上で好きだから愛でるというのは、理性ある人間ではなく獣のレベルにある…

より良い社会を目指すシステムを構築できない日本人

日本人には進歩という考えが無いように見えます。いかに他を出し抜いて国や企業や自分が儲けるかという悪知恵はあっても、より良い生活を求めて議論したり仕組みを作り上げようとする気はないようです。例えば国の根幹である法について見れば日本人の考えが…

日本人の心の闇

日本人の多くは心に大きな闇を抱えています。それは文芸や漫画、アニメ、映画といった表現形式にしばしば現れます。まずは芥川龍之介の「年末の一日」という短編の一部を見てみます。 "すると富士前を通り越した頃、電車の中ほどの電球が一つ、偶然抜け落ち…