kurukuru89’s blog

主に原始キリスト教、哲学、心理、日本人について、気の赴くままに語ります。知識ではなく新しい視点、考え方を提供したいと思っています。内容は逆説的、独断的な、空想も交えた極論ですが、日本人覚醒への願いを込めたエールです。

哲学

人間に取って代わるもの

ひとつの考えに過ぎませんが、ひょっとすると地球にはもともと文明を持った、現在の人間とは異なる形態の存在があって、地球規模の気候変動などのやむを得ない状況により、DNAに司られた有機生命体に彼らの情報と命の存続を託したのかもしれません。 言うま…

この世界の作り手が介入して来ない理由

もしこの世界を作った存在が居るならば、この世に無関心であるように見えるのは不思議なことです。まず彼らはどのようにこの世界を見ているのでしょうか。 仮に彼らにも我々と同じような時間感覚があるとします。すなわち、一方向にほぼ同じようなペースで流…

人間は完璧でないから生き延びてこられた

我々が認識できるものの中で最大の謎は自身の存在です。自分の見ているもの感じているもの全てが幻想であるとしても、自分の存在は否定しようがありません。 人間がどうやって存在するに至ったかという謎は計り知れませんが、ひょとしたら現在の人間の姿は激…

この世は不安定だから、全てが存在し活動が生まれる 

宇宙のエネルギーの総和はゼロという考え方があります。物質と反物質が接触し消滅するとエネルギーが生じ、それとそれ以外のエネルギーを足したものと、いわば負のエネルギーとも言える重力がちょうど相殺するというわけです。 この宇宙は不安定な状態だから…

共感を目的とし、自分の意志や考えを表明することに重きを置かない日本語

日本人は奇妙なうなずきをすることがあります。例えばニュース番組で若者が未来の希望を語る映像が出た後、アナウンサー達が微笑みを浮かべながら一斉に頷くのです。あるいは映画で主人公が恋人を思い浮かべ決意の表情で頷くこともあります。日本人ならば意…

この世界を創った存在を確かめるひとつの方法

「ソーセージ・パーティー」という映画があります。スーパーに売られている食材達を主人公にした寓話です。彼らは神(人間)に選ばれることによって永遠の地に行けると信じていましたが、実際には切り刻まれて食われるという真実を知ります。天国に行けると…

保険としての宗教や信心

神はいるのか、いないのか? もし仮にいたとしても、この物理世界や人間に関心を持っているのでしょうか? 神や悪魔と会話したという人もいるようですが、一般的に言って、神が存在するかどうかは不可知であり、誰にも分かりません。しかし、もし宗教が教え…

多数派に流されたり、借り物の思想を有難がる人とならない為に

ほとんどの人は独自の考えも信念もなく生きています。それでも、しばらく生きていると自分の信条を持ちたいと思うようになります。そういった時に便利なのが、宗教や思想なのです。 自らオリジナリティのある考えを一から作り上げるというのは大変なことです…

70億の人間の意識も、ひとつの意識が見ている夢に過ぎない、という考え方で世界を見る

地球上で次々と新しい生命が生まれては、はかなく消えていくという事が繰り返されています。この命の軽さ、無駄とも言える命の払い出しには何か理由があるのでしょうか。人間の命には何らかの価値があると信じる人ならば一度は考える問題です。 ひとつの考え…

日本人は、集団に埋没しているから残酷で無慈悲になれる

ほとんどの人は無意識のうちに、自由よりも束縛を求めるものです。集団に帰属し、その規律に従う存在であれば、自分で何かを決断せずにすみますし、結果に対する責任もとらなくて良いのです。 日本人は集団への帰属意識が強い民族ですが、そのために次のよう…

一人になれるのは神には無い人間の特権

人間は一人きりになりたいと思えば、たいていの人は、そうすることができます。部屋にこもったり、あるいは、どこか辺鄙なところに出かけて孤独を楽しむことができます。人間はこれを当たり前と考えますが、人間より上位に位置する高次の存在は、そのような…

認識するから宇宙が存在する

物理学者、ジョン・ホイーラーの遅延選択実験というのがあります。実験装置から光を発生させ、その後、進路上に障害物を立てたり、立てなかったりすることによって、光が波のように振舞ったり、粒子のように振舞ったりするものです。光が障害物の有無を判断…

仮想世界を作り上げ、そこで生活させる事にはどういう利点があるか

ゴーグル型の端末を使い、仮想現実で遊ぶようなことが最近では身近になってきました。それでは我々が、映画「マトリックス」のように、圧倒的なリアル感を持って仮想世界の中で暮らすことは果たして可能でしょうか。そしてそれを作り上げることは、我々にと…

旧約聖書の神を信じる人達の目的

旧約聖書の神を信じる人達にとっての、この世の目的を考えてみましょう。この世界に人がいる目的、それは実に簡潔に聖書のなかに記されています。 神は彼らを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動…

理性的存在である人間にとって不可欠な長期記憶はどこに存在するか

人間が理性的存在であるためには、長期記憶の存在が必要不可欠です。記憶があるから自分が何者であるかが自覚でき、客観的に自省し、未来の計画を立てて実行に移すことができるのです。 この長期記憶が何処に保存されているのかは、はっきりと分かっていませ…

物理世界における時間と、精神世界における時間

物理世界における時間と、精神世界における時間は、まったく別のものです。時間が止まった物理的な空間をイメージする事はできます。しかし時間の止まった自己というのは想像できません。このように、自己の本質は時間と不可分だと分かります。 さらに時間の…

人間の理性を成り立たせているものは何か

人間の理性とはいったい何でしょうか。人を理性的存在たらしめているものと、他の生命体のそれとは何が違うのでしょうか。 「人間は考える動物である」という答えでは不十分です。カラスだって自分で考えて工夫することができます。しかし彼らは、物理世界や…

肉体とは別に魂は存在するか

肉体とは別に魂のようなものが存在するのでしょうか。あるいは人間という生命体は完全に物理的要素から成り立っているのでしょうか。 仮に人間は物理的要素から全て成り立っているとして、さらに物質を完全に転送可能なテレポーテーション装置も発明されたと…

人間と、その他の生物との優劣の差はどこにあるのか

以前通りを歩いていたら、体を半分踏みつけられて、のた打ち回っているミミズを発見しました。ミミズにも「苦しみ」というものがあります。ゾウリムシにだって、のた打ち回っている様に見えないだけで、苦しみがあるのかもしれません。 もし下等動物や虫がよ…

多世界、平行世界はあり得るのか

平行世界を扱ったSF小説に「高い城の男」というのがあります。amazonがドラマ化したことで多少有名になりました。「ドイツと日本がもし戦争に勝ったら」という世界を描き、その中の登場人物達もまるでこちらを覗くように、「もしアメリカとイギリスが戦争に…

人間に自由意志はあるのか?

人間に自由意志というものは、あるのでしょうか。生理学者、ベンジャミン・リベットの実験は重要な真実を提示しています。簡単に言いますと、人間の行動は自身が意識する0.5秒前に無意識のうちに始まってしまっており、人間の自己はそれを追認しているに…

この物理世界もデジタル、格子状の空間である可能性

「ゼノンのパラドックス」というものがあります。古代ギリシャの哲学者であるパルメニデスによって提唱され、ゼノンがそれを受け継いだものです。その一つ を簡単に説明すると、地点Aから地点Bへ移動するには、途中で無限の地点が存在し、その無限の地点を通…

物理世界は、夢、幻の世界か? (シミュレーション仮説)

「この世は夢幻である」という言葉は、それこそ「胡蝶の夢」のように、賢人から狂人、凡人に至るまで、古来から言われてきたことです。しかし現代にあっても、そのような疑念は残っています。 例えば、自分の手を壁に押し付けるとします。粒子レベルで言えば…