kurukuru89’s blog

主に原始キリスト教、哲学、心理、日本人について、気の赴くままに語ります。内容は逆説的、独断的な、空想も交えた極論ですが、日本人覚醒への願いを込めたエールです。

2016-11-24から1日間の記事一覧

個人に責任を押し付ける日本人

日本の組織は何かあると、直ぐに「気を付けましょう」「注意してください」と言うだけです。それ以上何もしません。大地震が起ころうが、猛暑が続こうが、マラソンで熱中症患者が続々出ようが、テロが頻発しようが、国民や個人に呼びかけて終わりです。日本…

日本人は心が伴っていないから礼儀を重んじる

日本人は礼儀正しいと言われてきました。表面上は確かにその通りですが、心が伴っていません。米つきバッタのようにお辞儀を繰り返しながら、後で相手の悪口を言う、これが平均的な日本人の姿です。なぜ日本人が見かけだけ礼儀正しい偽善者なのかというと、…

自分の姿が見えていない日本人

「私は日本人だ。どうか撃たないでくれ」、この言葉は典型的な日本人の考えを表しています。彼らは自分たちが一体、彼の地で、どういう立場で何をやっていたのかを理解していなかったのです。ただ個人的な善意で行動していれば、憎まれたり殺されたりするは…

東京の不動産価値の行く末

日本の人口は減っているのに東京の人口は増え続けています。これは地方で食えなくなった貧乏人が東京にやって来ているからです。ですので東京の住宅需要はこれからもあるでしょう。不安要素としては、東京オリンピックが何らかの理由で中止になる、あるいは…

東京オリンピックの行方

2020年オリンピック、賄賂を送った日本の代わりとしてロンドンが名乗りを上げましたが、やはり東京で開催はされるでしょう。というのはオリンピック開催準備には時間も金もかかりますし、また選手の強化練習も開催地を想定して行われているのが普通だか…

巨額の財政赤字を解決するには戦争しかない

838兆円に達しようとする巨額な財政赤字、これをこの国の為政者はどう解決するのでしょう。少子化に加え貧困化が進み、富裕層が脱税する状況で、この先、税収が増える見込みはありません。経済的なクライシスを演出するにしても、今現代、そのような手法が国…

STAP騒動は特許利権をめぐる争い

STAP騒動というのは結局、万能細胞作成方法の特許利権をめぐる争いであり、米国が完全に勝利しました。初めからSTAP細胞などは無かったと思いますが、特許を予め抑えておく為の方便なので良かったのです。特許出願人は、ブリガム&ウィメンズ病院(ハーバー…

日本人は世界でも有数のウソつき

五輪招致のワイロを平然と「コンサルタント料であり正当な対価だった」と言ってのける厚顔無恥、これぞ日本人の鏡、日本のスタンダードです(笑) 日本人が詭弁家でありウソつきであるというのは海外における定説です。昔、日本が肉の輸入を制限していた言い…

因果応報はサタンが作った法則

世の中に因果応報という法則があります。運は貯められるという人がいます。世の中は上手く出来ているともいいます。つまり結局人生の収支が取れているというのです。中村天風などもその著作で、この世におけるこういった道徳のシステムの存在について触れて…