kurukuru89’s blog

主に原始キリスト教、哲学、心理、日本人について、気の赴くままに語ります。知識ではなく新しい視点、考え方を提供したいと思っています。内容は逆説的、独断的な、空想も交えた極論ですが、日本人覚醒への願いを込めたエールです。(ここで言う日本及び日本人とはあたかもそれらを代表するが如く装うが、理性が未発達な為、感情的に動き、浅薄な信条に左右され社会に仇なしてしまう集団や人々を主に指しています。これらを通して人間に共通する問題を探っていきます)

理性だけでなく感情も鈍い人達

日本人は理性だけでなく、感情も鈍い人々です。他人の感情を読み取り、そして共感するという最低限の事も出来ないのです。 以前、夜遅くバスに乗った際、たまたま酷く幹線道路が渋滞しており、時間を考えればこのまま降りて歩いて帰ったほうが速いかもしれな…

そのうち日本人はカネを払ってでも安楽死を求めるようになる

日本は急速に貧困化しています。地方に行くと、荷物を満載したカートをひいてあてどなく歩く着膨れしたオバサンを見かけることがあります。都心でも昼頃になるとマンションから、口を半開きにし腰を前に突き出した老人が放心したようにコンビニへと向かって…

Gitti Und Erika - Heidi

ドイツ語版「アルプスの少女ハイジ」のテーマ曲です。ドイツのデュオ、Gitti Und Erika によって歌われ、日本以外ではヒットしたようです。 www.youtube.com

集団内で序列を作り、それに安住する人々

日本では集団が生まれると、直ぐに集団内で序列が出来ます。皆で誉めそやしながら、神輿を担ぎ、都合よく働いていくれる無能な者を一番上に置きます。真の実力者は陰にいます。そして末端まで続く奴隷達がいます。彼らは「パシリ」として走り回る事で集団に…

異質なものが世代を超えて人々を魅了する

ベートーヴェンが西洋音楽の中で重要な位置を占めていることは間違いありませんが、彼の人となりと同様に、彼の音楽はとても変わっています。まったく異質なものだったら、人々に理解されるはずもありませんが、特異でありながら、多くの人々に熱狂的に受け…

人格障害者のような国と人々

日本というのはどこか、国全体で情緒不安定な人格を思わせるところがあります。個々の人々を見ていても、そのような傾向が見られます。世代を超えて受け継がれる、この異常性は次のような特徴を持っています。 (1)自己像の欠如 「~を出た、~に勤める人…

言葉や理性が劣化し、文明を維持出来ない人々

音楽は頭の中に様々な情感を呼び覚ましてくれます。主旋律に対してAという情感、副旋律に対してBという情感、ハーモニーに対してCという情感、曲全体でDという情感が、時間と共に生まれては消えていく、それが音楽を聴く楽しみのひとつだったりします。とこ…

Ludwig van Beethoven - Diabelli Variationen , Op. 120 (ディアベリ変奏曲)

ディアベリ変奏曲は33の変奏からなるベートーヴェン後期の作品です。全体で演奏時間は1時間近くにもなりますが、ひとつひとつは短く、全体を通して聴いても飽きない多彩さがあります。特に第31変奏から最後の第33変奏にかけては聴き所です。 www.youtube.com…

言葉を押し頂いて、それに支配される日本人

日本人は食べ放題やバイキング、スーパーの取り放題が大好きです。TVではバイキングで元を取るには何を食べたらいいかという特集を組んでいたりします。小児性愛者御用達三流偶像が「私も知りたーい!」と囃し立てます。ただで何か貰えるなら何処にだって出…

'S Wonderful(ス・ワンダフル) - Joao Gilberto

ガーシュイン(George Gershwin)作曲の有名な、"'S Wonderful "(ス・ワンダフル)のジョアン・ジルベルト(João Gilberto)によるカバーで、1970年代にアメリカで録音されたアルバムの中の一曲です。歌詞は訛りが強いですが、落ち着いた声とアレンジで魅力…

「いじる」事を好む日本人

日本人は他人を「いじる」のが大好きです。それが人間的な交流のひとつだと思っているのです。 隣人を公衆の面前でからかったり、貶めたりして周囲の笑いをとり、集団の緊張を和らげ場を和ませているのだと考えています。TVでも芸人が他者に侮辱的な言葉を吐…

Miles Davis Quintet - It Never Entered My Mind

マイルスのトランペットはもちろんですが、レッド・ガーランドのピアノもなかなか良い雰囲気を出しています。1956年の録音です。 www.youtube.com

Molly Tuttle - White Freightliner Blues

長距離トラック運転手のあてどない生活と心境を歌った、"White Freightliner Blues" の Molly Tuttle によるカバーです。演奏の後に、自身のリードとリズムギター(バッキング)の切り替え方について説明しています。 Molly Tuttle - White Freightliner Blu…

JUICE NEWTON - LOVES BEEN A LITTLE BIT HARD ON ME

アメリカの歌手、ジュース・ニュートン(Juice Newton)による、"Love's Been A Little Bit Hard On Me"です。主要部分がスリーコードのシンプルな曲で、シンセサイザーの音や、ストラトとレスポールによるツイン・リードのギターなどが懐かしい雰囲気ですが…

幼稚な精神状態から抜け出せない日本人

日本人は幼稚な人々です。IQとかパーソナリティは別にして、周囲への反応の仕方がまるで子供としか言いようがないのです。 昔、TVのリポーターが暴力団幹部に突撃取材するという企画をやっていたのですが、淡々と説明する相手に対し「なぜ抗争なんかするんで…

Tchaikovsky Eugene Onegin; Polonaise (チャイコフスキー、エフゲニー・オネーギンからポロネーズ)

チャイコフスキーのオペラ「エフゲニー・オネーギン(Евгений Онегин)」の第3幕冒頭に登場するポロネーズです。華やかな舞踏会に招かれたものの、主人公オネーギンの心は晴れないという場面です。華麗な響きと、激しさがある舞曲で、中間部の憂愁が溢れる…

Henry Mancini - Two For The Road

1967年の、Audrey Hepburn 出演の映画「いつも2人で(Two For The Road)」の為に、ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini)が作った曲で、部分転調の多いメロディーが印象的です。 www.youtube.com

二つの状態の間で意味を見出だすことにより、人々は生きている

人間の精神がもっとも停滞するのは平坦な状態が続くときです。良いものにせよ、悪いものにせよ変化が必要です。交通事故や病気で大切な人を亡くして、その啓蒙に意義を見いだす人もいます。一方で他人を貶めたりすることに懸命な人達もいます。決して快楽の…

Kenny Dorham - My Ideal

トランペッター、ケニー・ドーハム(Kenny Dorham)のアルバム、Quiet Kenny に収められている曲です。Quiet Kenny には、その名の通り静かで穏やかな演奏が多く、リラックスして楽しめるアルバムです。 Kenny Dorham - My Ideal

The Bangles - Walk Like an Egyptian

バングルズ(The Bangles)の往年の大ヒット曲、「エジプシャン(Walk Like an Egyptian)」です。プロデューサーの Liam Sternberg の作詞・作曲で、ベースのリフを中心にして作られたようなシンプルさが特徴ですが、ポップで魅力的な曲調にアレンジされて…

Harry Nilsson - Everybody's Talking (うわさの男)

Fred Neil の曲で、Harry Nilsson によるカバーが、映画「真夜中のカーボーイ(Midnight Cowboy)」で使われ有名になりました。映画では、ニューヨークで最低の生活をしながら、ひょんな事から一緒に生活することになった二人の男を描いており、憧れのマイア…

消えていく日本の企業

人口が減り内需が先細る一方の日本ですが、彼らはどうするつもりなのでしょうか。労働力として奴隷を輸入しても消費はたかがしれていますし、観光や輸出に力を入れても日本の魅力はどんどん落ちて来ています。少数の金持ちを相手に商売出来る企業は限られま…

世界は関係性から成り立っている

「世界を構成する究極の要素は何か?」という問いに意味はあるのでしょうか。 もしも仮にコンピューターの仮想世界の中に住人が居て、「1とは何か」という問いを探求し続け、その結果「1とは、0001だった!、2とは0010だった」と喜んだとしても、我々から…

不滅の恋/ベートーヴェン(Immortal Beloved)

ベートーヴェンの死後、手紙に残された「不滅の恋人」を秘書のシンドラーが探し求めるという冒頭から、回想的に、この風変わりな作曲家の人生が明らかになっていきます。 Gary Oldmanが主演を勤めており、ベートーヴェンを扱った映画やドラマの中でも、理想…

「シェイプ・オブ・ウォーター(The Shape of Water)」

身寄りがなく喋ることも出来ないイライザは、毎日決まった時間に起きて、ゆで卵を作り、お風呂に入り…、研究所に通い、トイレ掃除の仕事をして朝方帰ってくるという決まりきった生活を続けています。外見も冴えなくて友達は隣室の年寄りの画家だけです。しか…

「ブレードランナー2049(Blade Runner 2049)」

1982年の「ブレードランナー」と比べるとある意味分かりやすく、万人向きかもしれません。それでいて Philip Kindred Dick(フィリップ・K・ディック)の原作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」にあった「本物と偽物の違いはなにか?」というテーマも一…

「エイリアン: コヴェナント(Alien: Covenant)」

エイリアンシリーズの原点に戻ったような、ダークでホラーチックな展開に、「プロメテウス」にあった「我々はどこから来たのか」、「我々はどういう存在なのか」、「新しい生命の創造」といった哲学的な要素も継承されている映画です。人工生命体であるアン…

「漂流教室」

いつもの如く学校に登校した小学生達が、丸ごと、異世界に放り込まれ、自分達だけで生活することを強いられるという設定の作品です。何でもありの無法地帯において、自分達のルールを作り、強いものだけが生き残る世界が描かれています。楳図かずおの作品全…

「ぼくらの7日間戦争」

教師の横暴に業を煮やした中学生が、廃墟に立てこもって、7日間の反乱を起こすという物語です。冒頭において、まるで独裁政権の収容所、あるいはカルト教団かと見紛うような、指導者による、虐待、暴行、脅迫、窃盗、器物損壊などの非道な行為が描かれており…

Bananarama Venus

www.youtube.com