kurukuru89’s blog

主に原始キリスト教、哲学、心理、日本人について、気の赴くままに語ります。知識ではなく新しい視点、考え方を提供したいと思っています。内容は逆説的、独断的な、空想も交えた極論ですが、日本人覚醒への願いを込めたエールです。

相手が委縮していないと怒りだす日本人

日本人の多くは自分より下のものが萎縮しているのを見ることで、自分を保っているようなところがあります。 ある受刑者が刑務官の前でふざけたら、それまで良くしてくれた刑務官の態度が急に厳しくなったという事がありました。彼は自分のボスに境界線を超え…

この世は不安定だから、全てが存在し活動が生まれる 

宇宙のエネルギーの総和はゼロという考え方があります。物質と反物質が接触し消滅するとエネルギーが生じ、それとそれ以外のエネルギーを足したものと、いわば負のエネルギーとも言える重力がちょうど相殺するというわけです。 この宇宙は不安定な状態だから…

共感を目的とし、自分の意志や考えを表明することに重きを置かない日本語

日本人は奇妙なうなずきをすることがあります。例えばニュース番組で若者が未来の希望を語る映像が出た後、アナウンサー達が微笑みを浮かべながら一斉に頷くのです。あるいは映画で主人公が恋人を思い浮かべ決意の表情で頷くこともあります。日本人ならば意…

詐欺の才能に長けている日本人

日本人に独創性はあまりありませんが、詐欺の才能には非常にたけています。日本ほど詐欺師が多く、詐欺行為が国中に蔓延し、詐欺による被害額が極めて多い国は珍しいかもしれません。 先物取引は日本で始めて生まれました。主食であり実質上貨幣でもある米を…

責任の所在を曖昧にして弱者どうしを争わせる日本

日本は行政がやってしかるべきことを、個人の善意やボランティア意識にすり替えるという事をよく行います。例えば優先席です。非人間的なほど乗車率の高い電車の問題、一極集中、公共交通機関における障害者や妊婦の庇護を、企業や行政、自治体は解決をせず…

この世界を創った存在を確かめるひとつの方法

「ソーセージ・パーティー」という映画があります。スーパーに売られている食材達を主人公にした寓話です。彼らは神(人間)に選ばれることによって永遠の地に行けると信じていましたが、実際には切り刻まれて食われるという真実を知ります。天国に行けると…

情熱的で美しいフーガを持つ、ベートーヴェンのピアノソナタ31番(作品110)

ベートーヴェンのピアノソナタ31番(作品110)は、荘厳な美しさを持ちながらも甘美で幻想的な部分や、さらにユーモラスな所もある、ベートーヴェンらしさが溢れた最後のピアノソナタとも言える完成された作品です。 第1楽章は歌うように、語りかけるように演…

日本という隔絶された世界

日本は150年以上前に鎖国を解いたことになっていますが、日本人の多くは精神的な鎖国状態のままです。日本語や日本独自の慣習や制度に縛られ、他とは全く違ったように世界を認識し、独特の変わった生活を日々送っています。 今の日本の外交は、他の世界と上…

保険としての宗教や信心

神はいるのか、いないのか? もし仮にいたとしても、この物理世界や人間に関心を持っているのでしょうか? 神や悪魔と会話したという人もいるようですが、一般的に言って、神が存在するかどうかは不可知であり、誰にも分かりません。しかし、もし宗教が教え…

日本語の特性が思考や行動にもたらす弊害

日本語というのは明確な意思を簡潔に伝えるには、あまり適していない言葉です。漢文と比べると一目瞭然です。余計な言葉がだらだらと続き、伝えたい事実とは別の情報が多重に含まれています。ただし複雑な情緒を短い文で伝えられるという利点はあります。 英…

多数派に流されたり、借り物の思想を有難がる人とならない為に

ほとんどの人は独自の考えも信念もなく生きています。それでも、しばらく生きていると自分の信条を持ちたいと思うようになります。そういった時に便利なのが、宗教や思想なのです。 自らオリジナリティのある考えを一から作り上げるというのは大変なことです…

人生を楽しむことができない惨めな人間とならない為に

人間は自由意志を持つ存在です。自らの意志で善悪をも選ぶことができます(自由意志というのは、あるいは幻想かもしれませんが、少なくとも行為の結果に対して是非の判定をすることによって、自分の未来の行動の蓋然性に影響を及ぼすことができます)。 サイ…

ベートーヴェンの魅力が溢れるピアノソナタ「テンペスト」

ピアノソナタ17番、通称「テンペスト」は32曲あるピアノソナタの中でも、ベートーヴェンの多様な面が見られるだけでなく、それ自体独特の魅力を持った曲です。 初期の傑作「悲愴」のようなドラマチックな展開もあれば、「熱情」のような激しいところもある、…

システムが生み出す不条理に押しつぶされない為に

もっとも非人間的な邪悪さというのは、効率的なシステムの中に存在します。開高健の「流亡記」には始皇帝によって作られた全土を支配するシステムによって、機械的に人々が殺され搾取される様が描かれています。しかも携わっている人間には悪意が無い為、自…

自分の判断と意見が述べられる日本人となるために

日本人は明確な判断や決断ができない人達です。曖昧な構想は語れますがイメージがないまま下に丸投げして、具体的な指示がまったく出せないのです。 仕様を提示するにしてもAが欲しいが、相反するBも実現して欲しい、そしてCやDもと、次々に追加事項が並ん…

お上の御威光で威張り散らし現実を見ることができない日本人とならないために

日本人というのは正しく現実を直視できない人々です。例えばお上の御威光があるものには無条件でひれ伏すのですが、そうでなければヤクザであろうが、強い外国であろうが向こう見ずにも歯向かうような所があります。 危険な人、おかしな人には関わらないのが…

表面だけ理解して尊大な態度をとる日本人とならないために

日本人は表面だけを見て本質を理解できない人達です。海外の物、例えばiPhonを分解して「何だ、こんなものか。大したことはない(これなら俺でも真似できる)。」とうそぶくのです。 日本人は、製品のコンセプトや、それぞれの形状や技術が全体に寄与する意…

システムの単なる部品とならないためには?

言うまでもなく日本では個性を殺して集団の一員となることが常に求められます。それを拒むものはアウトサイダーであり、あらゆる道を断たれ、日蔭者として生きていかなければなりません。 150年前に官僚独裁国家として生まれた大日本帝国は、効率的なシステ…

排斥されずに、祭り上げられる日本人となるために

日本人というのは何処にいっても、日本人同士で足を引っ張り合うのが好きな人々です。 例えばある作品を投稿できる海外のサイトがあって、それに関する匿名掲示板もあるのですが、そこには海外の投稿者の話題はほとんどなく、あるのは「あの日本人がズルをし…

小手先の対策で失敗する日本人とならない為に

日本人というのは根本的な対策をせずに小手先の策で済ませようとする傾向の強い人々です。個人としてもそうですが、組織となるとさらにこの傾向が強まります。 東京メトロの一部でクラシックなどの音楽を流す試みが始まったそうです。 確かに音楽療法という…

被害妄想気味で執念深い、みっともない日本人とならない為に

日本人というのは被害妄想が強く執念深いところのある人々です。 例えば狭い場所で男性の肘が当たったら女性が肘を押し返しているのを見ることがあります。最初に肘が当たったのは言わば過失なのですが、押し返すのは故意です。実際にこういった事で痴漢呼ば…

捕まらなければ何をしても良い時代となった日本

多くの人々は、我々が住んでいる世界は、多かれ少なかれ公正な法則によってつかさどられていると無意識のうちに信じています。宗教の有無にかかわらずです。 これを心理学で「公正世界仮説」と呼んでいます。良いことすれば良いことが返ってくる、悪いことを…

弱いものいじめが大好きな日本人、卑怯な人間とならないために

日本人はことのほか、自分より弱い立場の人間をいじめたり、攻撃したりするのが好きな人達です。そんなことはない、日本人は障害者を大切に扱っているという人もいるかもしれません。しかしそれは彼らが国から「障害者」と認定されているからです。 一番立場…

日本文化などこれっぽっちも大切に考えていない国、だから新しいものは誰にも頼らずに作るべき

日本文化とよく言いますが、果たして日本文化とは何でしょうか。日本というのはその時の流行を節操なく取り入れてきた国です。常に何かの物まね、猿真似です。何かが流行れば、それまでの流行はすたれ、破壊され、新しいものが席巻して古いものは省みられま…

ロケット打ち上げが唯一の救いという惨めな状態を防ぐために

小型ロケットの打ち上げに成功したと大喜びの日本ですが、最近では日本が国家的事業として何とか国民に喧伝できるもののひとつが、宇宙ロケットの打ち上げです。 ロケットの打ち上げなんて、今や最先端のハイテクでも何でもなく、パキスタンだって、ウクライ…

人気YouTuberは日本の何を嗤ったのか、そこから学べるもの

YouTubeが処分を発表した例のユーチューバーですが、彼はなぜ日本を嗤(わら)ったのでしょうか。もちろん彼のやっていることに対して怒り非難し行動を起こすのはいいのですが、嘲笑するにはそれなりの理由があったはずです。動画が削除されても、そう感じた…

日本はアフリカの最貧国のようになる

「ブラッド・ダイヤモンド」という映画があります。アフリカのシエラレオネ共和国でダイヤモンド資源を巡って起きた内戦をテーマにしたものです。子供達は満足な教育も受けられず、それどころか少年達も自動小銃を持って殺戮を繰り広げます。 --------------…

70億の人間の意識も、ひとつの意識が見ている夢に過ぎない、という考え方で世界を見る

地球上で次々と新しい生命が生まれては、はかなく消えていくという事が繰り返されています。この命の軽さ、無駄とも言える命の払い出しには何か理由があるのでしょうか。人間の命には何らかの価値があると信じる人ならば一度は考える問題です。 ひとつの考え…

集団で意味のない避難訓練をする日本人の愚かさ

日本人は意味の無い避難訓練や防災訓練が大好きです。日本の避難訓練というのは、まったく現実的ではなく、どこか儀式めいた、軍隊的な雰囲気があるのが特徴です。 日本のどこに居ても必ず遭遇する、あのサイレン音とナレーションを聞くたびにゲンナリする人…

奴隷に対する麻酔剤として作用する、ゆるキャラたち

日本には幼稚な「ゆるキャラ」や、「カワイイ」キャラクターが満ち溢れています。熱心なアニメヲタクはそれほど多くはないものの、巷で見かけるマスコットや、「魔法少女~」(笑)などは割と多くの人々に受け入れられているように思います。 日本人がユーモ…